2006年09月11日

上多古本谷遡行一泊二日。山口、武田(レポ)

前夜矢納谷出会いの林道終点手前で仮眠。翌朝阿古滝道を見送って、多古の滝付近から遡行開始。
img651.jpgしばらく行くと、双竜の滝です。上には洞門の滝が。巻きながら洞門の滝を過ぎると幸次郎窟です。神秘的です。
img652.jpgimg653.jpg
これからいくつか滝を巻き、竹林院谷と出会うと左にとると阿古滝に向かいます。まー長いこと。かなりありました。バテバテでおま。阿古滝は迫力ありまんな。
img654.jpg

二つ左のルンゼに巻き道を見つけると阿古滝道にでました。あとは奥駈け道の出合いまで山口さんに助けてもらいながら亀みたいな遅さで登ります。あとは出合いから、小ピークを4つ越すと宿坊です。山口さんありがとう。宿坊で自前の夕食を済ませ、風呂もすませ、宿坊の方としばし団欒です。朝方にほら貝の音で目を覚まし、窓の外を見るときれいな朝焼けが。
img655.jpg
img656.jpg
朝飯前に昨日の晩に見た夜景がすばらしかった絶景スポットの日本岩に行きます。稲村が岳がきれいでした。阿古滝道を下り、車にもどり、天川村に。ミニゴルジュ遊びと、みたらい渓谷の最初の滝で滑り台を楽しみ、温泉に入り、ごろごろ水を汲んで帰りました。
posted by 飄逸沢遊会 at 14:58| Comment(3) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きれいな日の出でんな。飯も食べれて風呂にも入れて二人とも「幸せもん」でんな。ワテ、うらやましいです。当日、ワテ、風邪でダウンしちょりました。「みじめ〜」
Posted by 男前 at 2006年09月11日 20:55
小屋泊まりは、いいですね。中学生の時、前記から歩いてきて、宿坊の釜でふつふつ炊いている熱いお茶をいただいたことが、ありがたく思いだしました。朝に裏行場は案内してもらわなかったの?
Posted by 上田健 at 2006年09月12日 18:53
初体験でいい雰囲気でした。裏行場なんてあるんですか?秘密の場所?今度宿坊のひとに聞いてみます。山小屋とは違いましたね。精進料理だし。
Posted by tkd氏 at 2006年09月12日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック