2011年11月25日

台高宮川大和谷口ノモチ谷(アゲノ谷)

11月20日夜発21日日帰り  参加者 武田・大西(記)
台高・宮川大和谷の発電所すぐ下の口ノモチ谷(アゲノ谷)に行ってきました。
自分は武庫川の奥の溝谷に行くものと思っていたので前夜、武田氏に21日宝塚に何時集合かTELすると宮川の大和谷の左岸に入るアゲノ谷やでと返事が返ってきたのですぐに準備しPM11時出発
20日AM8時大和谷の発電所の見えるところに到着し古い山と高原地図のアゲノ谷と明記しているところと地形図を参考にし、これしかないか? 奥を見ると両岸壁で無理そうな感じが漂うがAM9時出発、出会から護岸された谷を少し進むと強い傾斜のゴーロ帯が続き両岸の壁が絶ち出し右岸から15M滝がかかる(本谷)次の8M滝が越えれず15M滝をロープを出して下降し直進するガレた涸れ谷を巻く事にするが両岸・直進ともに岩が脆くでかい岩が谷を塞いでいる、左岸小尾根より巻くが降りれず、1065Mのピークを目指すが植林帯に入ると間伐材で歩けずPM1時30分来たルートを下山、PM4時30分駐車地着

2009年の山と高原の地図を見ると口ノトチ谷と記載されていた。どちらかよくわからないですが、見た目以上に岩が脆く危険な谷でした。(景色は最高です)
武田氏は二度、自分の落石にやられてました。
posted by 飄逸沢遊会 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | '11年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック