2006年11月14日

11月11日土正午〜12日日 芦生・由良川源流下降

061112芦生由良川源流 015.jpg

行った人、川添さん、梶原さん、大坪(記)

爆弾低気圧の予報の中、11日土曜日正午に、芦生山の家駐車場に集合。
雨がパラパラ降るも、明日の天気が曇りであることを願って、
由良川源流を遡行するか、下降するかを相談、本日の行程を決めます。
明日、源流を下降しようと、いうことになり、土曜日は林道歩き。
内杉谷川沿いの林道を3時間くらい歩いて、
とりあえず、本日のテンバへと・・・。061112芦生由良川源流 001.jpg
けやき峠を目指して林道をテクテク。ダンディK添氏は片手に傘、片手に今夜の食料をぶら下げております。方や、K原氏は上下雨具で身を固めた重装備で出発。
061112芦生由良川源流 003.jpg 061112芦生由良川源流 004.jpg
大きな保存樹が迎えてくれます。途中から、雨が止み雨具の上を脱いだり・・・。
061112芦生由良川源流 005.jpg
美山の紅葉はもう終わりかけかな??

061112芦生由良川源流 009.jpg

061112芦生由良川源流 010.jpg
保存樹に見惚れながら・・・。林道を登り、けやき峠から下谷添いを歩き・・・。

061112芦生由良川源流 014.jpg

061112芦生由良川源流 015.jpg

本日のテンバを求めて、由良川源流に入ります。
どこでもテンバにできそうなほど、平らな川原が続いています。
しかし、この頃からまた、雨が降りだし、状況は芳しくありません。
できるだけ雨のかかりにくいテンバを探して・・・。
K添氏持参のタープを張り、下にO坪が奥美濃で拾ってきたブルーシートを敷き、焚き火で食事。
冷たい雨に降られながら、8時半頃に各自ツェルトに包まって寝ます。
夜中、何度も目が覚めます。みんな、あまり眠れなかったみたい。

翌朝は6時過ぎに目覚めるも、なんと外は雨ではなくて雪混じりのみぞれ!!
寒くて冷たいはずやわ!
ウダウダしているわけにも行かず、7時20分に出発。

061112芦生由良川源流 023.jpg
川は思いのほか増水してました。

061112芦生由良川源流 022.jpg

061112芦生由良川源流 024.jpg

増水しているので、時々、河原を外れて沢沿いの道歩き。
落葉に敷き詰められた道はこの時期ならでは!!

061112芦生由良川源流 027.jpg

061112芦生由良川源流 028.jpg

061112芦生由良川源流 030.jpg

本流に戻り河原を歩きます。
紅葉に見守られながらの快適な源流下降のルート。のはずが・・
あいにくの雨で増水し、何度も何度も渡渉を強いられます。最初はふくらはぎくらいまでの入水が、膝、太ももまでになったり、
「ひぇ〜、深いんちゃうん?!!」と悲鳴を上げたいくらい。

061112芦生由良川源流 033.jpg

061112芦生由良川源流 038.jpg

061112芦生由良川源流 039.jpg

061112芦生由良川源流 042.jpg

さすがにブナの宝庫・由良川です!!
倒木には、やはりキノコ君が。
最初はひらたけ。先週のキノコ狩りでお勉強したばかり。
でも、次のキノコか???? ここで「H上さぁ〜ん、これ何?」
って叫びたかった。
ここではナメコも発見。ほとんどが終っていたけど、一部まだ食べれそうなのがあったので、採って帰った。

061112芦生由良川源流 043.jpg

朝、歩き始めた時に、青空が見えた。「晴れそうやね〜」の期待も空しく、
一日みぞれ混じりの雨。途中、振り返って見ると、山の上の木々には雪が積っていた。1度、雷も鳴った。

冷たくて身体が冷えた。休憩らしい休憩時間もとらず、川と遊んだ。
七瀬の出合いに着いた時、「あ〜、もう水に入らんですむ」とホッとした。
トロッコ道はとても長く感じた。それと、春に来た時よりトロッコ道は荒れていた。
駐車場着、15時50分。
また、季節の良い時に由良川源流に来よう!!
そんな気持ちにさせてくれる、癒しの沢です。
今回は冷やしの沢やったけど。









posted by 飄逸沢遊会 at 02:11| Comment(9) | TrackBack(0) | '06年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨にもマケズ冷え症にもメケズこけることにもドウジズ坪バウアーはんゴクロウ・ゴクロウ
Posted by むかし三浦広和と呼ばれた男前 at 2006年11月15日 11:27
合計年齢150歳以上の熟年トリオのパワー、恐れ入ったか!(笑)
Posted by tubo at 2006年11月15日 15:35
 熟年トリオ、芦生の森でカッポレ、カッポレ。雨にもマケズ熊に逢ってもサワガズ神経痛にもメケズ、沢で流されてもドウジズそんな熟年にワタシモナリタイ。
Posted by むかし岡田彰布と呼ばれた男前 at 2006年11月15日 17:29
神経痛にはメゲそうです。
Posted by 鎌 at 2006年11月15日 19:28
雨に負け、雪に負け、流されて我を失い、間接痛に悩まされるそんな中年になってしもた。
Posted by tkd氏 at 2006年11月15日 20:03
>武田ちゃん
「流されて我を失い」は前からとちゃうの?「我を失ってから流されてる」かな?どっちゃでも えっか。
Posted by 鎌 at 2006年11月15日 22:32
私も貫井谷でナメコらしき茸みつけましたが確信もてなかったんで採りませんでした。
Posted by ゴルジュに流されるY口 at 2006年11月15日 23:33
>男前さん
男前さんの熟年仲間入り、待ってますわ。
>tkdちゃん
えっ!? tkdちゃん、まだ青年ちゃうの?
>グッサン
まずは食べてみるべし。下山までにお腹痛くならんかったら、OKやて(これダンディK添流、キノコの見分け方)
Posted by tubo at 2006年11月16日 14:52
こころやさしいtuboはんも
グッサンのために食べてあげたら
どないでっしゃろ?
旅はみちづれともいいますし・・・
Posted by 男前 at 2006年11月19日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック