2012年09月30日

揖斐川西谷金が丸谷

22日夜発23日から26日 横田 、22日夜発23日日帰りと24日夜発25日26日 大西(記)
22日夜、夜叉が池道の駅で横田さんと合流して仮眠するが雨も降り続き23日AM8時30分に池の又林道駐車場に向かい9時30分横田号をデポしホハレ峠に10時着11時小雨の中、山道を門入の集落に12時50分着、13時10分発林道を辿り根洞谷出会手前3キロ辺りで14時30分、横田さんと別れ大西は来た道をホハレ峠に戻り下山する、横田さんは根洞谷出会付近のテンバを探して25日10時に大西が戻るのを待って25日26日で金が丸谷を遡行し池の又林道駐車地に出る計画で現地にてのんびりと過ごしてもらう事に(当初の予定では励谷出会テンバまで2名で行く予定でしたが結構な雨で11時発になり、やむなく地形図上で待ち合わせ場所と時間を決めてわかれる)24日夜ホハレ峠で仮眠し25日AM6時50分発、門入8時10分着8時20分発9時20分23日引き返した地点着9時30分発林道を辿り横田さんの目印が有り根洞谷に下る踏み跡を進み根洞谷出会に着くと対岸に横田さんがいた10時10分、少しほっとした。
11時10分発、励谷出会12時10分、大ヤブレ谷手前左岸テンバ着14時50分。

26日7時50分発、30分ほど進むと5M滝が出て来る左岸を越えるがすぐに5M滝左手を抜けるとまた平流が続く何度か小滝が出て来るが問題なく越えていける。溝状の斜滝を越えた先に5M滝が有り右岸を小さく巻くそのあたりから高度を上げながら小滝が続き三周が岳方向に向きを変え水ナラ等の巨木も増えいい雰囲気の所がいっぱい有り、稜線の鞍部まで赤テープも有りすんなりと鞍部着13時20分13時30分発夜叉が池着14時45分15時発池の又林道駐車地着16時5分。

門入の集落はすごくいい感じのなんともいえない感じです!
しかし門入から先の林道歩きは長いです。
励谷出会から1時間ほど進んだあたりからはとてもいい雰囲気の所が続き来て良かったと思いました!

10月6日7日で根洞谷下降し金が丸にまた行く予定です。
来年には入谷と励谷も遡行したいです。(赤谷に越える)
posted by 飄逸沢遊会 at 00:12| Comment(1) | TrackBack(0) | '12年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥美濃連チャンお疲れ様です!

この時季だともう蚊やブヨは
いませんでしたか〜?

奥美濃の沢歩きの為の案内書と
地図を探していますが、ご存じでしたら
教えて下さい。
Posted by ikko at 2012年09月30日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック