2013年01月02日

南紀高田川ナル谷

12月29日夜発1月1日
参加者、大熊代表・大西(記)

29日22時東大阪発ほんぐう道の駅にて仮眠30日朝より雨9時発高田川ナル谷あずま屋に着くも本降りの雨で31日朝6時にでて取水堰堤上より遡行し大雲取越林道より烏帽子山に登り登山道を俵石を経て高田の集落に途中ビバークに予定を変更し30日はあずま屋にて食べて飲んで就寝19時30分。

31日7時発電所発-459M二俣10時20分、二俣を右俣に辿り650M二俣13時40分、650M二俣より左俣を経て大越谷林道15時、大越谷林道より烏帽子山登山口16時、登山口より烏帽子山16時40分、登山道を俵石経由で高田の集落19時40分、高田よりナル谷あずま屋20時20分着

459M二俣より650M二俣の間3時間10分かかった。
以前に459m手前の堰堤まで行った事があり今回は三の滝上部の取水口より遡行しましが、459Mから先がナル谷の核心部であり良いところだと感じました。

沢写真2012,12 011.jpg


多段15m滝右岸スラブ泥壁バンドをトラバース
沢写真2012,12 004.jpg

左岸を巻く
沢写真2012,12 005.jpg

右岸を巻く
沢写真2012,12 008.jpg

この先650Mより左俣を辿り最後の二俣中央の小尾根に乗り大越谷林道にたどり着く
沢写真2012,12 011.jpg

16時40分烏帽子山に着いたのでビバークなしで駐車地まで行く事に(寒かった)。
沢写真2012,12 017.jpg


多段15M滝は両岸とも険しく行き詰る、釜を泳いで滝身右際を昇るか右岸壁中段をトラバースするか思案するも大西はこの時期、肩まで浸かるのは無理!
トラバースも嫌だが他に方法がないので右岸より行くが途中一番いやらし箇所は凍っているが、いくしかない!
カイロで手をあっためてイッキに抜ける。この箇所以外は膝下まで浸かれば楽に巻けるか越えていける。
ナル谷は日があたる場所が少なくこの時期には少し厳しいかな?













posted by 飄逸沢遊会 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | '12年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沢中も風が冷たかったです。
稜線林道に出たのは午後3時ですが、冷えてました。詰めは前代表のルートと違い左俣を詰め上がりました。
前代表の幕営地は左岸ですが、良いテント場
を確認出来ました。

栂谷橋奥の林道終点は夕方6時30分着で
した。
郵便局付近の自販機のほっとジュースはグッドでした。

栂谷橋手前は崩れて工事中です。

下山後年越しそば食べました。(笑)


Posted by OKM at 2013年01月06日 03:20
1月9日20時森之宮、新年会参加します。

納山祭、人数が少なかったのでなんとか都合をつけました。

本年度の行きたいところを出し合いましょう!
自分的には2月鈴鹿の御在所岳・3、4、5月は十津川の舟の川・6,7月は北山川・8月は黄連谷・9,10月は奥美濃揖斐川・11月は台高蓮川が行きたいです。

2013年も宜しくお願いします。大西
Posted by 大西 at 2013年01月06日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック