2013年05月18日

2013年5月3日 杖谷〜大日岳(大峰)

参加者:O西(L) YT谷 YS田 N村 SS木 YN田(記) 


爽やかな五月晴れの一日
大峰・前鬼川から杖谷を溯行し大日岳の山頂へ詰め上がりました


前鬼川のコバルトブルーの淵、杖谷の白い巨岩と自然林の癒し渓、
そして、急な浮石ガレ場の登り、鹿も通らぬ際どい岩壁トラバース、
シャクナゲブッシュ、木の根を掴んでのモンキークライム等、
変化に富んだ行程でとてもエキサイティングな一日でした!


前鬼川・三重の滝出合にて、水際の岩を越える
身の軽いYT谷さんが対岸から岩場で詰まる我々を写してます
s-P5030014.jpg


水は澄んだコバルトブルー
s-P5030025.jpg


杖谷2条10mはO西・YS田さんがフリーで中央の岩壁を登る
滝の頭の倒木ブッシュがいやらしい
s-P5030031.jpg

杖谷は癒し渓もありました〜♪
s-P5030049.jpg


s-P5030053.jpg


前鬼からの登山道に出合う1300m二俣〜右の急な浮石の多い涸れ谷を進む
誰もこんな処行かへんで〜人跡未踏!
涸れ谷を登り詰めると岩壁が立ち塞がった〜右手へ斜上していく
s-P5030071.jpg


ついにここで詰まる、足元は切れ落ちた断崖〜O西さんが見事に岩壁を30mトラバース
s-P5030073.jpg


先の見えない悪場を越えて
最後に大日岳の山頂に出た時はとっても嬉しかったです(^^)
s-P5030081.jpg



溯行記録へ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/54167051.html
posted by 飄逸沢遊会 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | '13年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>誰もこんな処行かへんで 人跡未踏!

ですよネ!
『このまま行けるんやろか?』
と言うワイルドなルート選択でしたが
--終わり良ければ全て良し--
という事で。
Posted by Y谷 at 2013年05月19日 01:44
>一歩踏み外せば・・・
ブルージックで確保してても、落ちたときあの絶壁をどうやって登り返すんやろと
思うと震えがきました〜。
先の見えないこのトラバースをリードで抜けたO西さんは凄いです。


--終わり良ければ全て良し--

>まったくです。
お陰様でワイルドで楽しい一日を過ごすことが
出来ました!


Posted by ikko at 2013年05月19日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック