2013年05月31日

2013年5月26日 唐谷川(台高)

[参加者] YS田(L)、S野、YN田、O西、O熊、M内、N村(記) 7名
[天 候] 五月晴れ のち ガス

 沢の水も暖かくなり、朝から爽やかな青空の下、快適な山行となりました。下山はガスの中で暑くなく快適。いい季節ですねぇ〜。
 本来3つの計画が挙がっていましたが、どこでどうなったかわかりませんがひとつになって総勢7名です。平均年齢??才、若いですぅ〜

唐谷川_130526_083631_25.JPG 唐谷川_130526_104424_39.JPG 唐谷川_130526_113432_47.JPG
   一ノ滝、二ノ滝、三ノ滝...



7:20 駐車場を出発
 左岸沿いに飯盛山への登山道を進み、登山道が沢筋から離れる地点を過ぎて適当に沢に下りる。
7:30 入渓
 5分と経たずに最初の釜。写真でよく見る釜だが、ナマは写真よりずっと綺麗。早速、元気印が飛び込む。歩き出して間もないので、まだ冷たいだろうになぁと思いつつ他のメンバーは釜の右から回り込んだ。

   唐谷川_130526_073552_04.JPG  唐谷川_130526_075211_10.JPG
      やはり一番手はこの男          泳ぐ泳ぐ、独壇場

 斜滝、ナメ滝、釜、ナメ、小ゴルジュ、ゴーロと、小気味よく現れるイベントは飽きさせない。望めばシャワーも浴びられる。 このところ大した雨も降っていないようで水量は少なく、ひとつひとつを思い思いに楽しんでいる。とは言え、できれば迷岳の頂上まで行くつもりだったので、時間には余裕はあるものの、この時点でゆったりと湯ぶねに浸かろうとする御仁はいないようだ。

唐谷川_130526_075516_12.JPG 唐谷川_130526_080128_15.JPG 唐谷川_130526_083431_24.JPG 
      へつりあり     斜滝というかナメ滝は快適  荒馬乗り(拝啓 一ノ滝)

8:35 一ノ滝 右岸から高巻いて落ち口上方に立つ。ナメやゴーロがしばらく続く。秀麗な斜滝に行く手を阻まれる。一度は左からの突破を試みるが断念。右岸斜面の残置ロープを頼りにこれを巻く。O西さん痛そ〜。

唐谷川_130526_095216_30.JPG 唐谷川_130526_095318_33.JPG 唐谷川_130526_102344_35.JPG
 一ノ滝を巻き終えて一休み     るんるんナメ〜      秀麗な斜滝

10:40 二ノ滝 左からの高巻きでついにヒルとご対面。でも結局ここの高巻きだけでしか見なかった(見てないのは私だけかもしれないけど)  あれ? 一ノ滝の高巻きだったっけか... 最近ひどくなった。ヒルじゃなくアルツハイマーが。

 唐谷川_130526_110142_41.JPG 唐谷川_130526_113129_46.JPG 唐谷川_130526_103807_37.JPG
   二ノ滝ポートレート    へつってツッパリ  ナメ滝の向こうに三ノ滝が覗く 

11:35 三ノ滝 お日柄もよく、明るく清々しい。来てよかったと思わせる癒し渓。

   唐谷川_130526_113810_53.JPG    唐谷川_130526_122455_60.JPG 
       開放的な三ノ滝         その後も遊べます

14:10 迷岳山頂  直下のザレた斜面登りは長かった〜。 着くと間もなくガスに巻かれ始める。
14:30 下山開始  ガスの中で暑さはなく、涼しい下山。 15:45 林道着
16:30 駐車場 着  やっぱり下山はきつい! 林道歩きはこたえるねぇ。


posted by 飄逸沢遊会 at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) | '13年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと水が少なかったのが残念ですね?

おしりを少し打ちましたが落ちるのは想定内なので大丈夫でした。


9日は白川又川岩屋谷行きますよ!雄滝上まで日帰りですが宜しくです。
Posted by O西 at 2013年05月31日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック