2013年06月28日

2013年6月23日 葛川枝又谷(大峰)

[参加者] O西(L)、MK内、野村(記)
[天 候] 曇り

 ガッツリ楽しませていただきました。
大雨の後でしたが水量はやや多いもののだいぶ落ち着いた状況で、遡行には問題ない程度。
少々ビビった所もありましたが、泳ぎにへつりにクライムに息つく暇もなく....

枝又谷_130623_112233_64.JPG   枝又谷_130623_095910_32.JPG
 風屋ダムサイトで前泊し、7:20上葛川へと向かう。
未明まで続いた宴で食べすぎ飲みすぎ、出発が遅れてしまった。少しだけど。
 林道終点に車を止め、8:20出発。駐車地点からほんの少し戻って川へ下りる路を辿る。
8:25 入渓
 枝又谷の出合を目指して葛川本谷をたどるが、すでに目の前には小滝が。水量がやや多く一抹の不安はあるものの水はきれいだし、ワクワク感が勝ってくる。さあ、歩き出したら止まらない。

枝又谷_130623_082818_04.JPG 枝又谷_130623_083900_08.JPG 枝又谷_130623_084128_09.JPG
入渓地点、気分は一気に高揚してくる  ナメも心地いい   先陣はやはりこの人

 取水堰を過ぎたところで、シャワーにチャレンジ! 年寄りは左岸沿いに通過。その後もスケールの大きなナメ滝を歩き、適度な釜で泳ぎ、小滝に取り付いてみたりと、各人が思い思いに楽しみながらの遡行が続く。

枝又谷_130623_084522_15.JPG 枝又谷_130623_085902_23.JPG
   ドシャワー!     蛙のナメ滝を前に巻きルートを探る

10:00 枝又谷出合(枝又の滝)
 枝又谷からの流れが30mの滝となって葛川本流に出合う。小休止。

枝又谷_130623_100223_36.JPG 枝又谷_130623_095938_34.JPG 枝又谷_130623_095920_33.JPG
       枝又谷出合        枝又の滝       雪景色?

 さて、ここからが枝又谷の始まり。入渓して1時間半余り、ようやくスタート地点に立ったところ。
枝又の滝を右から巻き上がる。
 落ち口からはさらに斜滝が続くが、ここは慎重を期して左から巻く。ゴーロや小滝が楽しい。

枝又谷_130623_103932_46.JPG 枝又谷_130623_104435_48.JPG 枝又谷_130623_105005_51.JPG 
 CS下から抜け出せず敗退   泳ぐもへつるも...  大地の裂け目を進む

10:55 中ノ滝(仮称)
 真っ直ぐに続く裂け目のようなゴルジュ。そこに吸いこまれるように流れ落ちている。
ゴルジュをそのまま進み、その奥に架かる支流の滝から巻き上がる。ただ、この滝が結構いやらしい。
結構立っており、岩はもろくしかもコケに覆われていて、とても心もとないのだ。リードしようと思ったが、ビビってしまった。リーダーのルート工作のおかげで何とか突破し、枝又谷の本流に巻き戻る。 

枝又谷_130623_105447_55.JPG  枝又谷_130623_105614_57.JPG  枝又谷_130623_113045_65.JPG
 ゴルジュに架かる中ノ滝     ゴルジュを進む    ルート工作中(頼もしい)

 落ち口の奥にはさらに釜や滝が現れる。まだまだ水量は多い。

枝又谷_130623_122210_72.JPG
 滝裏を通って右壁を攀じる

12:25 奥ノ大滝(勝手な名前) 小休止。
 水量こそやや少ないものの、どことなく枝又ノ滝に似ている。これも秀麗。
標高750m付近だと思うが、地図上の滝の位置とは少し違うのかも。高度計のエラーか。
登れそうだがここは左から巻く。 

       枝又谷_130623_122724_73.JPG 
          奥ノ大滝

 水量はのある流れはまだ続き、斜滝やナメがゴーロを交えながらの遡行となるが、谷の傾斜はかなり緩くなった気がする。急速に水量が減り、標高920mの二俣からは熊谷の頭(1168m)に向かって右俣を辿る。

   枝又谷_130623_130911_81.JPG  枝又谷_130623_132809_84.JPG
   まだまだ水量は多い      二俣から右へ熊谷の頭を目指す

14:00 熊谷の頭のすぐ北側の稜線に出る。ヤブ漕ぎはなかったものの、急斜面の登りはやはりしんどい。
 小休止の後、登山道を伝って下山開始。途中、階段の朽ちた枕木あたりから出ているキノコを摘む。
いかにもおいしそうな香りがするため、持ち帰ることにする。(でも結局種類が特定できず食することはありませんでした)

 枝又谷_130623_140336_86.JPG  枝又谷_130623_150647_91.JPG
    疲れた〜 って感じ    下山途中で見つけたキノコ

15:45 上葛川の吊橋
16:00 駐車地(林道終点)
 今回も、意外と早く下山できました。 夢の湯に浸り、帰りました。
 ヒルは途中の巻きルートで結構大きな奴が少々、下山道の集落近くなって山抜けした箇所付近で小さいのがチョロチョロいましたが、実害はありませんでした。よかった。
posted by 飄逸沢遊会 at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | '13年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのこ食べずですか残念!

2枚目の写真MK内君の顔いいですね。

30日は仕事でいけないですが7日は休日予定です場所未定なので声をかけてください。
Posted by O西 at 2013年06月28日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック