2013年07月30日

2013年7月28日 前郷川小又谷(大峰)

[参加者] 野村(L,記)、江碕、大西、大熊、彌園、幕内、会員外1名
[天 候] 晴れ〜

 暑い日の水浴びにはいい所です。ちょっと遠いけど。

  小又谷_130728_115834_40.JPG     小又谷_130728_123144_47.JPG
  7m滝は水際が気持ちいい     行合の奥の空間に15m滝が落ちる


 下北山スポーツ公園の広々とした駐車場で前夜泊。夏休みで混雑を危惧していたものの、全然スカスカで快適。
 今日の行程にはゆとりがあるため、朝はゆっくり気分。
8:40に駐車場を出て、10分足らずで小又谷橋に到着。
9:00 出発。橋の左岸沿いに歩き始める。
9:10 取水堰堤より入渓
 さっそく水に浸かって砂防堰堤の左に設けられた長く高い梯子を上る。滝の直登より緊張させられる。
 堰堤を越えるとすぐにゴルジュとなり、泳ぐ。へつっても行けそうだが、今回は泳ぎに来たので、ここは積極的に泳ぐ、泳ぐ。

 小又谷_130728_092836_12.JPG  小又谷_130728_093418_14.JPG  小又谷_130728_093654_15.JPG
深い淵で長い目のスイム  宙に浮いているCS、水量少なめ  へつりも楽しめる

       小又谷_130728_094227_16.JPG   小又谷_130728_094501_17.JPG
        水は冷たくなく快適な泳ぎ      やっぱり泳ぎでしょ!

9:50、10:05 砂防堰堤を通過

    小又谷_130728_095121_20.JPG    小又谷_130728_101149_23.JPG
     途中で2基の堰堤が現れる   ゴルジュが断続的に現れて楽しい

 小又谷_130728_102321_25.JPG    小又谷_130728_104310_28.JPG
 左から岩溝の中を滝が出合う    大岩右手の小滝はチムニー的に越える

 小又谷_130728_110604_29.JPG  小又谷_130728_112419_31.JPG
    行く手に10m滝     ホールドはしっかり、滝身の右側を行く

 小又谷_130728_113158_34.JPG  小又谷_130728_115615_38.JPG
  流木の刺さった釜のある6m滝   7m斜滝は右からでも左でも

12:30 15m滝 ゴルジュの奥に左から落ちる滝が覗く。辿ると、大きな釜を携えたホール状の空間に力強い滝が落ち込んでいる。
 滝見物を済ませてユンボの広場に戻り大休止。 この先のいくつかの滝は大高巻きを強いられるため、今回はここで遡行終了とする。

 小又谷_130728_120419_42.JPG       小又谷_130728_122459_45.JPG
手前と奥の滝で2段30m滝は高巻く  狭いゴルジュの奥に15m滝

14:10 急斜面を這い上がり、右岸斜面上の林道に出る。広々とした車のデポ地のすぐ下流側。
14:40 駐車地に到着
 きなりの湯に浸かり、帰途につく。

 ん〜、泳ぎやへつりは楽しめるものの、滝登り派には消化不良か。夏のお気軽水遊びコースといったところかな〜。
posted by 飄逸沢遊会 at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | '13年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一に池川(いけごう)、二に前鬼、三に白川又、四は四の川
「大峯の山と谷」仲西政一郎 朋文堂 昭和三二年より
Posted by musui at 2013年08月19日 23:25
夢水さんお久しぶりです。
H上さんが亡くなられ1年が過ぎましたね、自分は今年ほとんど沢登りで釣りにいけていないので最終月は釣りがメーンで行きます。

また沢中一泊で行きたいですね、宜しくお願いします。
9月2日3日が連休予定です。(奥美濃か福井県の沢)
Posted by トシ at 2013年08月23日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック