2007年04月02日

3月31N-4月1日 南紀 北山川水系田岡谷 参加:山本・中務・徳本(レポート) 

今年初のシャワークライム

070401-toku-003.jpg

標高差約1000mの、大きな滝の続く登り応えのある沢だった。

2005年の溯行記録もあわせて入渓地点。溯行開始9:10。いきなり両側が狭まってきた。朝から温度湿度ともに高く蒸し暑かった。
070401-toku-001.jpg

10m滝。ロープを出して右岸からクライミング。
070401-toku-002.jpg

ここは左岸から巻く。上は作業道があり滝の落ち口は堰堤で固められていた。
070401-toku-003.jpg

大きな滝が続く。左岸からトラバース気味にいけるかと思ったが、ここは右岸から巻いた。さらに上も連瀑。
070401-toku-004.jpg

ところどころ滝も苔むしている。この手前の滝で今年初のシャワークライミングをした。水もぬるんでいた。春の沢というより初夏の沢という感じ。ヒルもすでに出没。
070401-toku-005.jpg

作業小屋でお昼。わたしは行動食しか持ってきていなかったが、皆さんはラーメン。チョウがずっと近くに止まっていた。
070401-toku-006.jpg

2005年の沢遊溯行記録でてこずったというナメ滝。つるつるでいやらしい角度。右岸の立木にスリングとアブミをかけてかわした。
070401-toku-007.jpg

源流近く。この後も源流までゴロゴロのガレ場が続いて稜線に出るまでかなり苦労した。14:30 P1084に到達。蛇崩山がよく見えた。
070401-toku-008.jpg

15:15西ノ峯。三角点で記念撮影。下りはよく踏まれた登山道を駆け下り、滑り降り。前回よりはこけなかったが結構滑った。一人前の沢屋になるにはまだまだ修行が必要のようだ。
070401-toku-009.jpg

17:10駐車地点。小森ダムに降りる手前に登山道の分岐があるので、左に行くと入渓地点に早く戻れる。
070401-toku-010.jpg
posted by 飄逸沢遊会 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック