2014年01月07日

2013年12月29日30日 栂谷 (南紀)

[参加者] O西、幕内

青空とデカい岩壁が、すごい迫力でした。
2013-12-28 001 010.JPG 2013-12-28 001 015.JPG

土曜の仕事終わりにピックアップしてもらい、雪がちらちら降る中、深夜のドライブになりました。
私は助手席でずっと眠っていました。
O西さん、運転まかせてごめんなさい。ありがとうございました。

29日の朝は、かなりの冷え込みで、入渓地点で氷点下だったと思います。
8時過ぎに沢へ入り、沢靴を濡らさないよう慎重に歩きました。
2013-12-28 001 002.JPG 2013-12-28 001 004.JPG
沢泊の装備は重く、すぐに大汗をかいてしまい、先行きに不安を感じていましたが、短い沢ということもあり、「何とかなるだろう」という気持ちで遡行を続けました。リーダーがO西さんだった事も、心強かったです。

2013-12-28 001 005.JPG 2013-12-28 001 017.JPG

2013-12-28 001 025.JPG

ナメは、凍っている箇所もあり、ナメ苦手な私は、腰が抜けて動けない場面もありました。

詰め上がり、山頂直下にある烏帽子岩からは太平洋が見えました。山頂にタッチした後、登山道を下山し、途中の沢で泊まりました。

2013-12-28 001 025.JPG  2013-12-28 001 026.JPG  2013-12-28 001 028.JPG 2013-12-28 001 029.JPG

風の無い沢筋での夜は、なかなか快適なものでした。

2013-12-28 001 030.JPG 2013-12-28 001 031.JPG

30日は2時間ほどの登山道歩きで駐車場に戻りました。

充実した2日間でした。
平成25年の沢登りは良い締めくくりが出来ました。



O西さん、ありがとうございました!
本年もよろしくお願いします!
posted by 飄逸沢遊会 at 09:02| Comment(1) | TrackBack(0) | '13年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時期のビールは良く冷えてウマイです!

今年も宜しくお願いします。大西
Posted by O西 at 2014年01月08日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック