2014年07月08日

6月3日4日栗平川水無谷(大峰)

6月2日夜発3日4日、沢中1泊
メンバー、大西、横田
栗平川下流部より土砂ダムにより入れないので釈迦が岳登山口より下降し大滝下の良い幕営地でのんびりと過ごす予定で(天候がくずれるようなので当初の予定池郷川冬小屋谷より変更。)出発釈迦が岳太尾登山口より林道を1181P手前の尾根を下降し大滝上流部に出て大滝を巻き下りロープを使い大滝下六人持谷出会に降りるが個々にロープで降りたので横田さんとはぐれてしまう。
幕営地まで降り周りを見ても横田さんはいなくて(少し心配になる)ザックを見えやすいところに置き下流の方を少し進んで声を出すと返答が有り一安心。
たき火と食事の用意をしてのんびりし始めると雨がポツポツとし始めたが翌朝まで持ってくた。

4日は4時起き6時発、今までにない早出で出発し大滝を巻き越えてトラバース気味に登るもいくつもルンゼを越えるが行き詰まったところより水線に降りるか尾根に登るか思案し1074Pと1181Pの間の南東に派生する尾根に登り1181Pを経て林道へ出て登山口に戻った。
雨も着替えを終えるまで大丈夫でした。
posted by 飄逸沢遊会 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック