2014年07月08日

6月24日、十津川蟻の腰谷(大峰)

6月23日夜発24日、日帰り
メンバー、武田L、大西
午後から天候が崩れそうなので山道が合流するところまで。

武田氏との今年3回目の沢、13時下山(暗くなるまで帰ろうとしない)ゆっくり温泉に入りご飯も食べて自宅に19時に到着(嬉しい大西)蟻の腰谷橋右手より谷に降りて10M滝で行き詰まり右手ルンゼより巻きトユ状斜滝12Mの下に降り。
トユ状12M斜滝を武田氏トップで登るがあと少しがいけないので降りて来る時に右岸より左岸に戻るのが怖いと右岸より水流へ滑って下りたので左岸の支点が抜けてだいぶ振られて落ちた。(左岸バンドの上の支点はしっかりきいていた)少し間を取り交代し右岸水際に支点が取れたので越えるも上部ツルツルで怖かった。
その先の1.5Mツルツル滝少し遊んで8M滝を右岸から巻いて山道に出て下山。

滝の湯を出たらドシャ降りの雨でした。(五条まで来る晴れていた)
posted by 飄逸沢遊会 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック