2014年07月24日

2014年7月20日・21日 奥の平谷 (台高)

参加:N村リーダー、E崎、YS田、TN崎、YN田、NS村、幕内(記)
天候:晴れ! 初日に夕立

奥の平谷は、昨年も企画したのだが、行けなかった沢でした。
昨年、前夜泊で飲み過ぎて寝坊してしまい、思案の結果、ヌタハラ谷に変更になったイワクツキの沢でした。
今年の前泊は、早朝4時起きで各々朝食と沢の準備をして、早めに入渓しましたが、たくさんの大滝を7人で巻くのは、やはり時間がかかりました。
とにかく疲れました。虫にさされ、ヒルに吸われ、体中筋肉痛でぼろぼろになっています。

1日目



2日目



IMGP0143 - バージョン 2.jpg
トップを登ってルートを作ってくださる諸先輩方は、本当に頼もしいです。
ほぼ1年ぶりにお会いしたYS田さんのボディは腹筋が割れていました。
悪い巻きをトップでスイスイ登るYS田さんは、やはりかっこ良かったです。

久しぶりの沢泊は楽しかったです。
今回、僕はツエルトを持って行かず、タープを持って行きました。タープって開放感があって気持ちいいですね。荷物は重かったです。濡れたザックはズシッと肩に食い込みました。それでもやはり沢泊の晩ご飯は色々有ったほうが楽しいですビール
ikkoさんの生野菜とウインナーのホイル焼きは、驚くほど美味しかったです。全員に振る舞っていただきました。重いのにありがとうございました。TN崎さんのシーチキンサラダは爽やかで、たまらない美味しさでした。
食事の事を考えると、また沢泊したいですが、重い荷物と下山を思い出すと、ちょっと、あれです。
posted by 飄逸沢遊会 at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喉元過ぎれば熱さ忘れる・・で、厳しかった・へろへろになった奥の平谷溯行も
楽しい想い出となりつつあります。

いつも泳いでいた野村さんと幕内さん。
沢4回目にして遜色のない溯行ぶりを見せてくれた西村さん。
岩壁登攀をリードで引っ張ってくれた吉田さん。
GPSでリード下山はお手のものの谷崎さん。
 そしてムードメーカーの江崎さん。


重荷での岩壁登攀にくじけそうになったり、
滑る泥壁トラバースにビビったり、
2つ滝の釜で溺れかけたり、
虫に刺され顔半分が腫れ上がったり、


と、しんどいこと満載の谷でしたが、


次々と現れる光景と滝は素晴らしく、
自然林の渓も綺麗でした。
焚火を囲んでのワイガヤ宴会は楽しく、
美味しいお料理をみんなで廻し合って頂きました。
特に幕内さんのサーモンクリームスパが絶品でしたよ(^^)


幕内さん、動画の投稿ありがとうございました(^^)
私の溺れてる様子が生々しく映っておりましたです、ハイ(>瀑<)

Posted by ikko at 2014年07月25日 20:08
 バテバテにバテた、記憶に残る山行でした。久しぶりの山で、かつ今年初めての沢中泊ということもあり、重い荷物に苦しめられました。皆さんありがとうございました。  私には気になるほどヒル被害はなく、ツェルトでは爆睡。やはり沢中泊はいいですねぇ。次回はタープ(orブルーシート)にしようかと。
 写真、動画はオモシロイ! UPするのは手間でしょうけど。謝々。
Posted by 野村 at 2014年07月26日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック