2014年10月14日

2014年10月4日  中御所谷(中央アルプス)

参加者: 吉田 野村 米田(記) 他2名


中央アルプスの盟主・宝剣岳直下の千畳敷カールへ突き上げる谷。
中御所谷を溯行して来た〜標高差約950m。
紅葉と何処までも続く連瀑帯の最後は目を見張る山岳美だった。


駒ヶ岳ロープウエイ・しらび平駅を7:05発

日暮ノ滝2段15m 7:15
s-PA040002.jpg


CS10m滝は左岸の草付泥壁を登るが上部が悪い
s-PA040006.jpg

3兄弟の中段の滝 9:35
s-PA040017.jpg


s-PA040024.jpg

傾斜が出てきた
s-PA040046.jpg

この辺りが佳境(^^)11:44
s-PA040060.jpg

10m滝の右岸岩壁を登る 12:23〜13:20
s-PA040076.jpg

彩葉白滝
s-PA040093.jpg

二俣を越えてすぐ12:00
s-PA040097.jpg

巻き道
s-PA040100.jpg

連瀑帯
s-PA040108.jpg

振り返れば雲海に浮かぶ南アルプス連峰
s-PA040115.jpg

藪のない草原に飛び出た!15:32

眼前に千畳敷の素晴らしい眺望
s-PA040122.jpg


人でごった返すロープ―ウエイ千畳敷駅で2時間余り、
立ったままひたすら待つ。

滝と紅葉と最後の眺望が素晴らしく、
バス待ち・ロープ―ウエイ待ちの大混雑でも
行く価値があった今回の溯行でした。



溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55241292.html#55241292
posted by 飄逸沢遊会 at 23:42| Comment(1) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 カメラを忘れる大失態!を犯し、かえすがえす残念でなりません。 その意味でも、記憶に残る山行となりました。
 吉さん、つ〜さん、ふ〜さん、米さん、ありがと〜さん、お疲れさん。 とりわけふ〜さんには多くの刺激を貰いました。 まだまだ、これから、です。
Posted by 野村くん at 2014年10月17日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック