2007年05月06日

07年5月2日N〜5月4日、春の北ア・唐松岳

行った人、川添さん、他1名(T橋さん)、大坪(記)

IMGP1095.JPG

N山さんの友人、T橋さんの参加で最低催行人数3人となったので、お正月、八方スキー場から眺めていた唐松岳〜五竜岳への縦走へGO。

IMGP1086.JPG
八方スキー場の最終リフトを下りて歩き出す。まだ地面が見えている。午前10時10分出発。

IMGP1089.JPG五竜や鹿島槍
IMGP1091.JPG右手に白馬三山を見ながら

IMGP1094.JPG
IMGP1099.JPG
いくつかの小ピークを超え、どんどん登っていきます。

高度を上げていくと雲が出始め、
「朝の快晴はどないなったん?」と。強風が突風なって吹き始め、あまりの風のきつさに腰をかがめて立ち止まるシーンも・・・。

IMGP1102.JPG

唐松岳頂上山荘のテント場着、14時30分。
女性陣は強風と寒さのためにテント泊をやめ、小屋の素泊まりに変更。ダンディK添氏一人でテン泊することに。
雪を積み上げ雪洞を作り、テント設営して、唐松岳へピストン。強風が吹いて怖かった。
そして、夕食時に翌日の五竜岳への縦走をやめて、往路を下山することに決めた。

小屋のオジサンによると、前日2日の夜に山頂は吹雪いて雪が降ったそう。小屋の屋根のツララが強風の中で、斜めについていた。

夜中強風は吹いていたが、翌朝はピンカーの快晴。

IMGP1103.jpg小屋の目の前には、剣と立山三山。

IMGP1104.jpgシャープなラインを見せる唐松岳。

IMGP1108.jpg五竜岳への縦走路、トラバースが付いている。いくつかのパーティが縦走して行った。

IMGP1114.jpg下山途中から見た不帰のキレット。

IMGP1119.jpg
IMGP1122.jpg
IMGP1124.jpg
IMGP1131.jpg
下山は女性陣もルンルン?? 撮影会のゆとりもできます。

IMGP1138.jpgシールをつけてトコトコ歩いている山スキーヤー達。

IMGP1145.jpg
ゴンドラを下りたら、桜が満開。春の陽気。
最後までキャディ姿で通したT橋さんは、満開の桜に負けない
美麗を見せてくれなかった。
posted by 飄逸沢遊会 at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すべり放題て感じですね。不帰のキレット滑ったら気持ちよさそう
Posted by tkdd氏 at 2007年05月07日 10:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック