2014年12月12日

2014年11月30日   ヘク谷(比良)

参加者: 吉田  谷崎  米田(記)



小春日和の一日、裏比良のヘク谷を溯行してきた。

落葉敷き積もる明るい冬枯れの沢も良いものである。
終盤の岩間登りや詰めの小沢歩きの後、ポンと
小女郎池に飛び出した。
こんなに容易く楽しい詰めがかつてあっただろうか・・。

ヘク谷は楽しく溯行して行ける穏やかな谷だった。


s-PB300083.jpg


s-PB300088.jpg


2段15m滝は左側のバンドを伝う
s-PB300104.jpg


s-PB300112.jpg


s-PB300117.jpg

18m大滝は易しい左岸巻き
s-PB300119.jpg


枯葉の行列
s-PB300126.jpg


s-PB300134.jpg


最後は小女郎池に飛び出した
s-PB300140.jpg


大峰・台高を思わす自然林の尾根を下って行く
s-PB300153.jpg


サカ谷道を下ること1時間で坂下登山口
s-PB300157.jpg



溯行記録へ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55323801.html
posted by 飄逸沢遊会 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '14年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック