2015年05月22日

2015年5月17日 ホタガ谷(鈴鹿)

参加者:  吉田  米田(記)

 
1週間前まではこの谷の存在すら知らなかった。
鈴鹿・ホタガ谷は日本百名谷なんだそうである。

日本百名谷を早速ひも解いて、茂木完治さんの宇賀渓・ホタガ谷についての
文章を読んで、この谷に行って見たくなった。

45年前にこのホタガ谷を初溯行された茂木完治さんは日本の沢溯行世界の重鎮で、
現在でも海外溯行同人で大活躍されておられる。
弊会の創始者で前代表だった今は亡き樋上嘉秀さんのご自宅での集会の折に、
来られていたことを想い出した・・。

登攀系のYさんと日にちが合い、己の技量も顧みず、
無謀にも早速出かけることにした。


核心の15m直瀑
s-P5170010.jpg


2段13m滝の下段滝
s-P5170023.jpg


s-P5170024.jpg

中段岩壁には錆びた支点
s-P5170028.jpg

登れる小滝が楽しい
s-P5170047.jpg

分れ滝の下部〜見た目より立ってて悪い
s-P5170064.jpg

蛇紋岩があちらこちらに
s-P5170077.jpg


石灰岩の苔むす沢床
s-P5170082.jpg


s-P5170084.jpg


最後は笹原
s-P5170088.jpg


迂闊には踏み込めない厳しい谷であるが、
下部ゴルジュ帯の残置ハーケンの多さは、
訪れる者が絶え間ないことを物語っている。

自然災害の為、ここ数年来どこの谷でも見かけることだが、
後半は倒木が谷を塞ぐ箇所が多かった。

ホタガ谷は小粒ではあるが、次々と移り変わる渓相の豊かさ・
変化に富んだ地層は他に類のない谷であろう。

初溯行された茂木さんはこの谷を可愛がり、
大事にしてやってほしいと最後に結んでいる。

茂木さんのこの愛すべきホタガ谷が、
これからも人為により荒れることのないように願わずにはいられない。






溯行記録へhttp://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55554934.html
posted by 飄逸沢遊会 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック