2015年05月26日

2015年5月17日 台高・宮川水系・父ヶ谷

[参加者]
佐野、谷崎、京谷、山口(レポ)

P1200960.JPG
[天気]
はれ

[地形図]
2万5000分の1「宮川貯水池」

[前夜泊]
国道422号沿いの宮川漁業共同組合隣のトイレ前を予定していたが、現在工事中のためその向かいの清流茶屋駐車場で前夜泊。ただし夏季(6月〜9月)は茶屋が営業しているので使えないだろう。もう少し先にカラスキ谷公園駐車場があり、東屋もあるのでここのほうがよかったかも。

[入渓]
カラスキ谷公園駐車場で佐野さんの車に乗り合わせて宮川ダム方面に向かう。新大杉橋を渡って父ヶ谷林道に入ると道はかなり荒れたダートになる。ガガ谷の手前の路肩に車を置いて準備。少し戻って「下り口」と書かれたところから山道を下る。
P1200918.JPG
林道には先行者の車があった。急な坂を慎重に降るとガガ谷の河原に出てくる。少し下ってダム湖のバックウォーターが迫るところをへつって父ヶ谷に入った。
P1200920.JPG

[遡行状況]
はじめは広々とした河原を歩いていく。やがて谷幅が狭まり、ゴーロ帯となる。
P1200925.JPG
岩は次第に大きくなり、迷路のようになってきた。と、前方に竿を振る人を発見。林道で見た車の主だろうか。なるべく釣りの邪魔をしないように傍を通り過ぎてさらに進むと巨岩の詰まる最初の滝が現れる。岩の上によじ登ったりして登るとその上に鎌滝がある。鎌滝は途中まで滝直下のスラブを斜上し、あとは左側のガレたルンゼをよじ登った。その後はきれいな淵や滑り台にできそうな小滝が連続。
P1200938.JPG P1200939.JPG
そして景色が開けて大きな釜をかまえた滝が現れる。左岸にはロープを使って巻いている二人組みのパーティがいた。彼らが巻きあがるのを待とうかとも思ったが、同じルートを行くのはなんとなくつまらない。よく見ると釜の左側がなんとかへつっていけそうだ。僕が試しにへつっていくと、途中きわどいバランスを要するところもあるがなんとか渡りきる。他のメンバーも呼び寄せて遡行再開。
P1200941.JPG P1200944.JPG
岩にかかる滝も気持ちよく登る。先行パーティが泳いで突破したところは左のハング気味の岩を京谷さんの肩を借りて乗り越したりした。さて大きな淵の先に小さな滝が見えるところに出てきた。ここは泳いで突破するのが一番早そうなので泳ぎの得意な人は?と訊いてみるが手を上げるひとがなく仕方なく僕がトップで泳ぐことに。泳ぎは苦手なのだが、ロープをつけて水に入る。水流はそれほど急ではなかったが、最後に水からあがるところがちょっと取り付きにくい。他のメンバーもロープを伝って泳いでくるが、佐野さんも最後の取り付きに苦労していた。
P1200951.JPG
みんな水から上がって日当たりのいい岩の上で体を温めた。時間もいいころあいなのでついでにランチタイムとなる。頭上には朽ちた吊橋があるのでここが「クグリ」と言われる場所なのだろう。
P1200956.JPG
体が冷えたのでなるべく水に入るのを避けながら進んでいくと四角いプールのような釜をかかえた滝が現れる。これが一の壺だろう。
P1200958.JPG
ここは左岸から巻き上がるが、行き詰るので懸垂下降で沢に降りた。
P1200963.JPG
二の壺は水流の右側が登れそうだが、ここはロープを出してハーケン2枚打って登った。
P1200965.JPG
三の壺はクラック沿いに登るのがよいらしいが、そこに取り付くまでにのっぺりしたスラブを這い上がる必要があるのであきらめて今回は左岸から巻き上がった。踏み跡らしきものがあって、谷崎さんがどんどん追っていくと無事に沢に降りることができた。最後に牛鬼淵が現れる。
P1200968.JPG
ここも左岸のどろどろの斜面をよじ登って巻いた。残置のロープがあって簡単に降りることができる。そこからしばらくして二俣となり、左側に入るとすぐに大きな丸い淵がある。その奥には3Mほどの滝とさらに後ろに巨大な堰堤が見えている。
P1200973.JPG
泳ぐ気にはなれなかったので淵の左側を投げ縄をしながらヘツリで渡って他のメンバーのほうを見るとみんな淵の左の尾根から林道に上がるらしい。仕方なく僕もロープを回収がてら戻って林道にあがった。

[下山]
林道を1時間歩くと駐車地点に到着。とある本に遡行終了地点にもう一台車をデポしておけば時間短縮可能と書かれているが、林道は途中で崩落している箇所があって現在は不可能である。
P1200979.JPG

[ヒル]
いない

[コースタイム]
7:40 ガガ谷手前の林道脇 〜 8:00 ガガ谷と父ヶ谷の出合 〜 9:10 鎌滝 〜 11:20 クグリ 〜 13:05 一の壺 〜 14:40 牛鬼淵 〜 14:55 二俣 〜 14:30 林道 〜 16:45 駐車地
posted by 飄逸沢遊会 at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさん。

後ろがこないのは非常に疲れますね!
Posted by 大西 at 2015年05月27日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック