2015年06月08日

2015年5月31日 黒倉又谷(台高)

[参加者] E碕、S野、YM中、MK内、野村(L)記
[天気] 晴れ
 下山のルート取りが難しい。天候が悪いとかなり難儀するかもしれないですね。
下山時のフェルト底靴は登り時より気と体力を要する。下山時の印象が強く残りました。

黒倉又谷_150531_111209_33.JPG   黒倉又谷_150531_122812_41.JPG
 
蜻蛉の公園で前泊し、翌朝、筏場の駐車場へ向かう。が、駐車場直前で工事のため通行止め。日曜日でもあり、ここに整列して駐車し、出発。
8:40 出発  9:05 出合に到着
 橋からゴーロの沢に下り、すぐさま大きな釜で泳いでトイ状の滝に突っ込む人、端から巻く人、人それぞれ。思ったほど水は冷たくない。もうすぐ6月だし。
 トイ状の滝を越えると大きなナメ滝。久しぶりのヌメヌメナメナメで緊張。スラブ右端の凹角を行く。さらに2条4m滝を越えると、深〜い暗〜い釜を持つ3m滝。引きずり込まれそうなので、この先はあっさり左から巻くことにする。出だし早々ではちょっと気後れ気味。

黒倉又谷_150531_091304_08.JPG 黒倉又谷_150531_092226_10.JPG 黒倉又谷_150531_093507_11.JPG
    まずは目覚まし代り     まあ何とかナメ滝        2条3条の滝
 
  黒倉又谷_150531_094001_12.JPG  黒倉又谷_150531_094253_14.JPG
     深くて暗い釜がある〜      その先にも〜、まっいいか

 ゴルジュが終わって全員合流し、再出発。
C)
     黒倉又谷_150531_094742_17.JPG  黒倉又谷_150531_095457_18.JPG
     ナメのすだれ状5m滝       いちおう、りっぱな滝です
D)
黒倉又谷_150531_100701_23.JPG   黒倉又谷_150531_104109_24.JPG
  また大きな釜、でも青いので泳ぎます    ナメが連続します(滑ります)
E)
    黒倉又谷_150531_110636_28.JPG     黒倉又谷_150531_113210_35.JPG
  幅広の4m滝(もう少し高いかな)    流木のぼり(あえなく失敗)
F)
黒倉又谷_150531_122235_37.JPG 黒倉又谷_150531_122649_39.JPG 黒倉又谷_150531_123122_43.JPG
    4段の滝ひとつめ        2つめと3つめ     この先は無理せず右巻き

13:40 壊れた造林小屋にて遡行終了
14:10 下山開始するも、すぐに道を見失い右往左往、というか上往下往。
 植林の中に道はあるはず、と再度植林地に入って道を見つける。水平歩道。尾根の稜線近くに出てからもあっちかこっちかで迷走しかけるも、天気がよかったこともありなんとか地図をたよりに無事予定地に下り立つ。 下山用シューズ必携です。
posted by 飄逸沢遊会 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック