2007年05月17日

5/13 若狭 駒ヶ岳 田中、他1

 ブナを見に行ったが芽生えはもうおわっていて新緑のブナだった。
前回は雪の時だったので4ヶ月間が空いてしまった。

登り口は前回と同様ピーク315に続く尾根である。お池まで1時間ちょっとで着いた。そこから駒ヶ岳までの尾根はずっとブナの林である。頂上には福井県側から上がってきた人達がいた。その人達が下りてしまってからは誰もいない静かな山になった。
下山は東谷、西谷の出合に下りる尾根を辿った。新しく道標が出来ていたので確かめてみようと思ったからである。この尾根もかなり広い範囲でブナが見られる。尾根の北東側の斜面に多い。冬の時期は葉が出ていないので広がりがわかりにくい。植林が多いというイメージだったが意外と少ないということも分かった。ブナは雪の中に黒く見えていてもあまり印象が強くないということも分かった。

地形図  古屋
行動時間 5時間半
posted by 飄逸沢遊会 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック