2015年07月04日

2015年6月28日 栂谷(南紀)

[参加者] o西、TN崎、K谷、MN川夫妻(体験)、野村(記)
[天 候] 曇り時折薄日や小雨

 このところの週末の天気予報はいつも悪い予報だが、今回も同様。ただ、これまたいつもながら大崩れすることもなく概ね良好。今日もまた然り。
 南紀まで足を伸ばすことは少ないが、たまにはすべり台もいいかと、栂谷に決定。
 本宮までは遠いので、風屋ダムサイトで前泊。三々五々適当に集合。
 翌朝は、目的地まではまだ遠いものの、遡行時間に余裕もあり、日も長いし、ってことで7時出発とする。
と、TN崎carがパンクして動けず。タイヤ交換したものの、先も帰りも長いので、車はここにデポして2台に分乗していざ出発。
 南紀といえば、ナメ、ナメ、ナメ滝。 たまにはフリクションを効かしての沢歩きも楽しい。
ヤケベーの景色は圧巻だ。 感動した〜!

    栂谷_150628_103404_032.JPG   栂谷_150628_104609_038.JPG
      ヤケベーの壮観       ナメのウォーターロード

 
9:05 橋のたもとに駐車し、入渓
9:20 栂平ノ滝
9:50 コカコーラの看板
10:25 ヤケベー
11:40 道標
12:00 三又(ここで二班に分かれる)
13:20 ルンゼ班、稜線に出る
13:50 烏帽子山頂
14:10 山頂を出発し、15:30 駐車地に到着

1.
 栂谷_150628_091743_008.JPG    栂谷_150628_092053_010.JPG
    栂ノ平滝(8m+7m)     続く4mのナメ滝(恰好のすべり台)

2.
   栂谷_150628_092546_014.JPG    栂谷_150628_092822_015.JPG
      すだれ状の6m斜滝          急旋回するナメロード

3.
      栂谷_150628_095217_019.JPG    栂谷_150628_095756_020.JPG
          3m滝で濡れてみる        ナメと大釜(へつりか泳ぎか)

4.
栂谷_150628_102032_025.JPG    栂谷_150628_102211_026.JPG
  ナメにも時折出てくる大岩       斜滝でフリクションを試す

5.
  栂谷_150628_102531_029.JPG     栂谷_150628_104301_033.JPG
   ヤケベー下の10mナメ滝       ヤケベーを振り返る

6.
栂谷_150628_112354_047.JPG  栂谷_150628_114132_051.JPG  栂谷_150628_114426_056.JPG
    ガンガラ滝       道標を過ぎてのナメ滝    ナメに遊ぶ(ビミョーに滑る)

7.
     栂谷_150628_115522_058.JPG    栂谷_150628_120348_064.JPG
       南紀らしいナメ滝と大釜       三又までやってきた

12:00 三又着
 休憩後、これより二班に別れて、一班はそのまま沢を詰め上がり、もう一班はルンゼを直上する。
8.
栂谷_150628_123344_071.JPG  栂谷_150628_124221_077.JPG  栂谷_150628_125156_084.JPG
 両岸の壁が迫ってくる   長い天空の廊下を辿る    水流があり滝を攀じる

9.
栂谷_150628_130237_088.JPG  栂谷_150628_132202_093.JPG  栂谷_150628_144033_103.JPG
  ルンゼもナメとなる  藪漕ぎもなく少しの急登で稜線に出る   汝の名は?
posted by 飄逸沢遊会 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック