2007年05月22日

大峰 片口谷遡行 武田、山口(5/20)日帰り

かねてから行きたかった片口谷。予想以上遊ばせてもらいました。
車止めから林道を歩き植林小屋あたりから谷にはいります。南谷大滝は立派でした。
P5200076.JPG  P5200093.JPG
本流にはひとつでかい滝がありました。巻いて進みます。
P5200079.JPGこの谷名物のチョックストン滝です。
img598.jpg
この先、巻き地獄、懸垂地獄が待つことなどしるよしもなかった。右岸で詰まり、左岸でやっとのおもいで巻けました。
振り返ってみても迫力ありまんな。
img599.jpg
どんどんすすみます。
P5200082.JPG
7M滝がでてきました。
P5200084.JPG
ここも巻きに苦労しました。
P5200085.JPG
出てくる滝はほとんど巻いて懸垂というハードなものになりました。ひとつだけフリーで登れたがひやひやものでした。
P5200087.JPG
この滝を最後に巻き地獄からいったん開放され、先に進み、前方にくらが見えたところで打ち切り、帰りはピストン地獄をたっぷり堪能して帰りました。
P5200088.JPG
posted by 飄逸沢遊会 at 18:02| Comment(5) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんまに。
この時期の沢は、まだ泳いで取り付けないから、
巻き巻きの連続で、巻貝にあんりそうや。
やっぱ、沢は夏の遊びかねぇ〜。

どう思う?、武田ちゃん。
Posted by tubo at 2007年05月22日 22:59
写真デカすぎ!
でもチョックストーン滝きれいに撮れてますね。私はあの時淵にはまって体の震えが止らなかったので、撮った写真はみんな手ぶれでピンぼけです。
Posted by Y口 at 2007年05月23日 01:09
グッちゃんは、淵にはまりましたんかいな。
この時期の水の冷たさはツライもんがありますな。武田ちゃんは、相変わらずグリコのおっちゃん並の元気印でんな。
Posted by 男前 at 2007年05月23日 04:18
チョックストンはカメラがいつものでかいやつなので、サイズはやっぱりよー縮めんかった。つぼはん、入りたくてうずうずしてましたわ。沢は泳いで取り付くのが沢登りの楽しみの一つやし。
Posted by tkd氏 at 2007年05月23日 10:20
ほな、また、暑い時期に
泳げる沢、行こうよぉ〜。
Posted by tubo at 2007年05月23日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック