2015年09月23日

2015年9月20日 八池谷(比良)     

参加者: 幕内  GURIKO氏  山本  体験1名  米田(記)


秋晴れで絶好の沢日和。
表比良の癒し渓・八池谷(八ツ淵の滝群)を溯行してきた。


今回の面子は、発熱系・重量級の水大好きなお2人と、
往年のクライマーで沢は初体験というIさん、ベテランのG氏、
そして、水が大の苦手でゴルジュ恐怖症だが何故だかゴルジュに行きたい私。

ガリバー旅行村を通り過ぎた林道終点に3台駐車し、沢支度。

7:45登山口発
7:49魚止めの滝への道標から沢へ降りていく
7:59魚止めの滝
   右岸に付けられた階段と鎖を伝い、空戸ノ滝ゴルジュを見下ろすテラス
   までやってきた。
   ここで合羽を持っていないG氏は右岸巻き道をそのまま上がっていかれた。
   しばらく逡巡の後、4名は空戸ノ滝ゴルジュへGO!
s-P9200010.jpg

8:13、白い岩肌でほぼ階段状の岩壁をクライムダウンし、沢床に降りるが・・。

s-P9200012.jpg
いきなり深そうな急な流れが眼前に。
相当にためらうが、意を決して飛び込み這い上がる。

やっとゴルジュの玄関口に辿り着いたのだが、
入口の3mCS斜瀑は凄い水量。
水圧でとても上がれず、重量級のお2人にロープ&スリングで引っ張り上げていただく。

次は泡立つ深い釜で流れが速い
Mさんがロープを引いて釜を渡り、後に続く
s-P9200016.jpg

続いては8m末広斜瀑
M&Yさんが右岸を登り、上からロープを垂らしてもらう
かつてのクライマーIさんが左岸を直登、私が後に続く
s-P9200022.jpg

最後は空戸ノ滝2段6m滝の右岸岩壁
高巻きしたG氏にロープをFIXしていただき、
楽々と直登することが出来た。
s-P9200043.jpg

9:21、大擂鉢 〜 ゴルジュを抜けてほっと一息

9:49、貴船ノ滝30m
s-P9200055.jpg

s-P9200080.jpg

MさんのウルトラC
s-P9200094.jpg

12:26、最後の3m滝は直登
s-P9200122.jpg


s-P9200119.jpg 

この3m滝を最後に谷は平流となり、

12:39、丸太橋にて溯行終了!
丸太橋G氏.jpg

13:50、大擂鉢

14:15、登山口着
s-P9200133.jpg




溯行記録へ⇒http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55728136.html


posted by 飄逸沢遊会 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック