2015年10月15日

2015年10月11日  東俣谷(台高)

参加者:  吉田  齋藤  米田(記)


台高・迷岳〜口迷岳の南斜面を源頭とし大熊谷に注ぐ谷・
東俣谷(大熊谷第2支流)を溯行してきた。

谷上部には林道が敷設されており、前もって車1台を林道にデポする。

この八知山林道が地道。車高の高い四輪駆動車なら何の問題も
ないが、普通車では、特に下りは、やや緊張する林道である。
s-15.10.11東俣谷.jpg

R422号沿い・大熊のバス亭が大熊谷の出合い。
右岸の林道を5分も走ると広い駐車場があった。
すぐ対岸の谷が、東俣谷でアプローチは0分!

8:30、入渓

谷は薄暗く写真はブレブレ。
滝を幾つか越えていくが、巻きは容易。

8:56、不動滝2段60mの直瀑〜左岸ルンゼより巻く

s-PA110014.jpg

s-KIMG0069.jpg

s-PA110020.jpg

9:09、不動滝落ち口

9:25、夢幻滝3段50m〜右岸から巻く
s-PA110032.jpg

s-PA110035.jpg
9:41、夢幻滝落ち口

9:50、巨大CS10m滝〜右手からの易しい登り
s-PA110043.jpg

s-KIMG0043.jpg

10:53、750m・二俣は右へとる

s-PA110115.jpg

11:27、850m、林道へ到着
s-PA110121.jpg

12:14、605m、尾根道を辿り林道をショートカット
           して再び林道へ出たところ
s-PA110123.jpg

12:25、530m、車デポ地点



アプローチがなく駐車場からすぐに入渓出来る。
大滝・中滝・小滝が次々と現われ無駄なところがない。
ロープを出す箇所もなく、巻道もわかり易い。
しかも辺りは自然林の癒し渓。
下山は楽々の林道歩き。


と、東俣谷は良い谷でしたが、最初の車デポがネックだろう。




これからの紅葉の季節にはお勧めの1本ですよ〜♪




溯行記録へ ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55760674.html





posted by 飄逸沢遊会 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック