2015年10月21日

2015年10月18日 ノウナシ谷(大峰)

参加者: 大西  谷崎  京谷  宗川夫妻  他1名  米田(記)


神童子谷支谷・ノウナシ谷は下山が長く、通常は沢中泊である。
日帰りでノウナシ谷溯行は長年の念願だった。


溯行時間を6時間としても、後の下山行程が長い

@主稜線に出てから南下、大普賢岳〜国見岳〜オソゴヤ谷右岸尾根
だと、稜線取りつきの国見岳までは200m登り返しもあり3時間近くかかり、
右岸仕事道に乗るまでは、不明瞭。尾根下りの途中で必ず闇下となる。

A田ノ小屋谷下降でも、稜線取りつきまでは2時間半、下降時間は未知数で、
しかも本谷に合流してからも1時間半、本谷を降渓。
これも途中で暗闇の谷を降りることに。

B小笹宿から小笹谷を下ることも検討したが、途中大滝に阻まれ、大人数だと必ず、
闇での懸垂下降になり、危険が伴う。元代表の樋上さんでも4時間はかかっている。

と、まぁ、いろいろ考えた揚句、

秋の陽はつるべ落とし〜入渓は遅くとも6時半でないと日暮れには間に合わず、
これがぎりぎり、という結論になる。

はたして・・・。

大川口より神童子林道を進み、、終点駐車場(路面悪いが数台駐車可)にて
沢支度。駐車場を出て直ぐ左への道を降りて入渓。

7:18  林道終点駐車場発
7:37  へっついさん
7:43  赤鍋ノ滝
8:57  釜滝
9:04  二俣〜左・犬取谷、右・ノウナシ谷
9:06  4m滝
9:56  ノウナシ滝・35m〜左岸からの激登り
10:24 千手滝・13m〜左岩壁をトラバースし左岸尾根に乗る
11:04 沢床に戻る
11:17 地蔵滝・18m
11:26 二俣・1350m(1400〜1500mの紅葉が見事)
13:18 大峰主稜線・1650m
14:48 一等三角点・1719m
15:20 レンゲ辻
16:22 下山口・清浄大橋着

赤鍋ノ滝
s-PA180004.jpg

奥に千手滝
s-PA180041.jpg

巻きの小尾根で一服
s-PA180050.jpg

紅葉パラダイスの始まり〜♪
s-PA180066.jpg

s-PA180071.jpg

s-PA180073.jpg

s-PA180083.jpg

s-PA180080.jpg

大峰主稜線
s-PA180109.jpg

s-PA180111.jpg


s-PA180125.jpg

s-PA180134.jpg

s-PA180138.jpg


s-PA180143.jpg

s-PA180147.jpg

休憩を含めて、溯行6時間・下山3時間半である。

大西代表が前もって下山口に車(7人乗り)をデポしてくれたお蔭である。
この時季にこの谷を日帰りできるのはこのルートしかなかった。
随分と心配したが、日暮までに下山出来て嬉しかった(^^)
【企画の段階でこの北上ルートは私達女2人(谷崎・米田)にとっては
思いもつかないルートだった】

最高のお天気のもと、紅葉と素晴らしい展望を楽しめた〜♪

下山路は見たことがない素晴らしい光景が展開し、驚きと感動の連続だった。
公けにはなっていないが、このエリアは本邦第一級の山岳美と言っても過言ではない。
残念ながら、もうこの景色を拝むことは多分ないだろう。

お世話になった皆さんありがとうございました!





溯行記録へ ⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55769834.html






posted by 飄逸沢遊会 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | '15年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆様お疲れ様でした。
この記事が今年の39本目。昨年の記事数と並びました。
とても嬉しいです。
まだまだシーズン中盤ですので、どんどん行きましょう!!
Posted by 幕内 at 2015年10月23日 17:00

段々と盛り上がってきましたね!

活気出てきて嬉しいです。

幕内さんの動画効果、絶大!(>瀑<)

Posted by ikko at 2015年10月23日 17:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック