2016年03月04日

2016年2月28日  野伏ヶ岳(奥美濃)

参加者: 谷崎 佐野 京谷 山本 宗川夫妻 江崎 米田(記)


前夜発、東海北陸自動車道・白鳥IC下車。
霙降る夜半、道の駅白鳥にて、個性とりどりの濃〜い老若男女8名が集結。
小宴の後、12時就寝。

凍てつく未明に起床するが、車の両側のスライドドアが凍りついて開かないのには
焦ったね(><)駐車場の路面もすでに凍結していた。

6:30、四駆車2台に8名が分乗し、道の駅白鳥発。
桧峠を経て石徹白へ向かう道路も、バリバリに凍結していた。
辺りのすっかり雪化粧した風景に胸が高鳴る。やつと雪国にやって来た!

駐車地点の白山中居神社はすでに満車の賑わい。
最初の橋の手前のスペースに駐車し、7:40発。
s-P2280002.jpg

薄暗い植林帯の長い長い林道をショートカットしながら辿ること1時間半で
唯っ広い雪原(牧場)に踊り出た、9:34。

眼前に真っ白な野伏ヶ岳と、右に薙刀山が現れた。
s-P2280007.jpg

真ん中の樹林の尾根を登って行くのだろう。
そのダイレクト尾根の取り付きまでは平道を約30分歩く。

10:35、1100m〜ダイレクト尾根の先端に乗った。
いよいよ、ここから標高差600mの尾根登りの開始。
殆ど階段状の雪道はすこぶる歩きやすい。
登るほどに眺望が拡がり、碧空に白い雪原が眩しい。

s-P2280030.jpgs-P2280035.jpg
s-P2280040.jpg

最後に急傾斜をこなすと、多数の人が休憩していた!?
ここが山頂〜何もないただの雪原だった。

12:20、野伏ヶ岳(1634m)山頂着〜無風快晴・眺望絶佳!!

s-P2280059.jpg

経ヶ岳&赤兎山&大長山
s-P2280058.jpgs-P2280057.jpg


s-P2280061.jpg

s-P2280060.jpg

s-P2280070.jpg

一時間余り至福の一時を過ごし下山にかかる。
13:30、山頂発。

下山は飛ぶように速かった。
s-P2280076.jpg

15:38、2時間で元の駐車地点に戻り着いた。


念願の雪に埋もれ、今年最高の楽しい一日となった(^^)
が!帰りは名神の事故渋滞(竜王→栗東)で忍の一字でした(><)



山行記録へ → http://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/55945160.html

posted by 飄逸沢遊会 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック