2016年05月09日

2016年5月8日  上谷(大峰)

参加者:  幕内  米田(記)


上多古川・上谷(こうたに)は大峰の初級の沢で、短いながらも
滝・釜が次々と現れる楽しい谷である。



8:32、林道ゲートから右岸林道と登山道を辿ること30分で鉄橋が現れ、
ここから溯行を開始

s-P5080008.jpg

9:00、8m滝〜右岸巻き
s-P5080009.jpg

s-P5080017.jpg


3幕内.jpg

4段20m〜右岸巻き
s-P5080021.jpg

3段20m〜左岸巻きの上部がやや悪い
s-P5080027.jpg

大岩をくぐる
s-P5080029.jpg

10:08、牛呼滝 3段35m
s-P5080031.jpg

幕内さんが右岸の泥壁にトライ〜
30mロープを一杯に伸ばして取り付くが上部で壁に阻まれ撤退

幕内5.jpg

12:00、下山開始〜牛呼滝前で出会った単独の男性と3人で谷を下る

3段20m滝の上部で懸垂下降
幕内1.jpg

水流突破が厳しい
s-P5080038.jpg


s-P5080004.jpg


13:15、最初の鉄橋
s-P5080046.jpg






posted by 飄逸沢遊会 at 07:37| Comment(2) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい、滝トラバース怖かったです。勉強してまたトライしたいと思っております。筋肉痛が、、。もう若者じゃないので。いろいろと教えていただき、お世話になりありがとうございました。
Posted by 槙野@神戸 at 2016年05月09日 14:38
>槙野さん、ご訪問ありがとうございます!

単独で谷歩きされているだけあって、
軽い身のこなしに驚きました。
地図も装備も完備されておられ万全ですね。

弊会では入会の有無にかかわらず
体験山行の機会を設けております。
ご興味がおありでしたら、是非ご参加下さい。
Posted by ikko at 2016年05月09日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック