2016年05月16日

平成28年5月15日 台高 小橡川 丸塚谷

[参加]寺田 佐野 谷崎 京谷 足立 宗川夫妻 幕内(記)
[天候]曇りのち晴れ
[沢中]5時間30分
[下山]30分

ところどころにゴミが目立ちますが、2つのゴルジュと直登可能な滝ばかりでとても充実した沢でした。
佐野さんの復帰がうれしいです。

RIMG0181.jpg RIMG0165.jpg RIMG0177.jpg
前泊地には会員13名が集結!
私が最後に到着したのですが、皆さんすでに出来上がっており、
焼きそば・餃子・焼肉・ししゃも・海老フライ・春巻き・大根の炊いたの・漬物・ラーメン・焼きおにぎり等々、
毎月の集会より豪華なパーティでした。
記憶があいまいですが、寸胴鍋もあったような…。

豪華な料理でしたが、
会員各位は非常に上品にお酒とお話しを楽しみ、静かでさわやかな前泊でした。
沢遊会はマナーを重要視しています。


翌朝、2組に分かれて丸塚谷と又剣谷へ行くことになりました。

我々5人は丸塚派。
犬小屋を過ぎてトンネル超えて橋をわたったスペースに駐車。5台は停めれそう。
そこから入渓し、二股を右へ。左の方が水流多く、先には堰堤が見えていました。
RIMG0162.jpg RIMG0164.jpg
凡流を進むと堰堤その1。右側から這い上がり、堰堤から降りるときは懸垂下降。
その後、ゴルジュへ突入。へつり、泳ぎ、直登、チョックストーンどれもたのし〜!
RIMG0171.jpg RIMG0169.jpg CIMG0017 1.JPG
ゴルジュはもっとゆっくり楽しんだ方が良かった。
確保やハーケンでの支点の練習にはちょうど良い場所です。
RIMG0174.jpg RIMG0176.jpg 
ゴルジュ突破で冷えた体を、堰堤その2の下で焚き火で温める。
堰堤その2を上がりしばらく行くとまたゴルジュ。
へつり、泳ぎ、直登、落ち、チョックストーンまた楽し〜!
RIMG0180.jpg RIMG0181.jpg 
堰堤その3を上がり遡行終了。
RIMG0183.jpg
右岸をちょっと詰めあがると林道到着。
日当たりのよい林道を30分ほど下り、駐車地に。
RIMG0184.jpg

※6m程度の滝は巻きましたが、もしかしたら登れるかもしれません。8月に再挑戦してみたいです。
CIMG0021.JPG

私にとって丸塚谷は、
5年前、沢登りを始めて2回目に入った沢でした。
当時70sだった私も成長し、今では100sです。
大きくなって再び帰ってきた私を、この谷は優しく迎え入れてくれました。

沢登りは本当に楽しいです。
毎週いきます。
posted by 飄逸沢遊会 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック