2016年05月31日

2016年5月29日 沢訓練(T) 白滝谷(比良)

[参加者] 江崎、佐野、吉田、大西、京谷、宗川夫妻、北野、幕内、寺田、山本、西田、足立、大保(体験)、会員外1名、PL野村(記)  計16名
[天 候] 晴れのち曇り、その後パラパラ

 私の準備不足もなんのその、経験者皆さんのご協力のもと、無事第1弾を終えることができました。
 訓練にはなかなかいいコースです。最初の林道歩きが結構こたえますが...
内容的にも時間的にももってこいの沢でしたね。 皆さん、お疲れ様でした。
 次回は、内容を少し変えて「αルンゼ」での開催を予定しています。奮ってご参加ください。
 体験参加の方には、沢の醍醐味を感じるには少々物足りなかったかもしれませんが、よろしければ別の機会に再度お越しください!

   白滝谷_160529_113538_16.JPG    白滝谷_160529_113551_17.JPG
 


 未明に夜露が降りてやや冷え込んだものの、陽が射す頃には蒼い空が広がった。快適な日和である。

8:10 当日朝集合のメンバーも揃い、いざ出発。 総勢16名、こんなの初めてじゃないかなぁ。
9:30頃 長い林道歩きを終えて登山道を辿り、今はなき2つ目の橋(渡渉地点)より入渓。

白滝谷_160529_094308_07.JPG  白滝谷_160529_094853_09.JPG
入渓後しばらくしてのナメ滝    泳いで取り付くもへつるも自由

10:40 すべり石に到着。
 計画的ではなかったけど、このすべり石一帯で懸垂下降や確保、人工まがい等の講習を実施。
それぞれの経験者のもと、参加者それぞれいくつかのかたまりになって、レクチャーを受けていました。
 宗川のお母さんには、最初に過激すぎるナメ滝を登っていただきました。ちょっとハードすぎましたね、すみません。

白滝谷_160529_103948_12.JPG   
    ここが「すべり石」
   白滝谷_160529_111803_14.JPG   白滝谷_160529_113711_19.JPG
  クラックでは体のフリクションが有効    プルージック談義

 お昼を食べ、12時半くらいには遡行を再開。
13:00 白滝に到着
 なかなか見ごたえのある優美な滝です。個人的は夫婦滝より好きです(どうでもいい話ですが)。

     白滝谷_160529_130008_25.JPG     白滝谷_160529_125904_24.JPG
          白滝の全景              白滝を眺む

 滝の流れの左沿いに斜上するクラック沿いのルートと、より左側の草付の壁の2ルートで越えました。
何せ16名の大人数でしたので。

白滝谷_160529_132157_27.JPG   白滝谷_160529_133401_30.JPG
        白滝谷_160529_133829_33.JPG
     滝の上部ではちょっぴりスリルが味わえます

白滝谷_160529_135231_35.JPG     白滝谷_160529_140510_37.JPG
 15mの斜瀑は楽しく登れます     コースを選んで技術トレも可能です

14:15 2条2段18m滝
 右から巻いても、左の流れから間の凸部を行くのも自由。沢登りの楽しさです。
 残置ハーケンも多数みられ、訓練によく使われる沢であることがうかがえます。

白滝谷_160529_141537_40.JPG         白滝谷_160529_141905_42.JPG
ここも明るくいい滝です、気持ちが和みます   水しぶきも適度に気持ちいい

14:20 夫婦滝
 これにて遡行終了。

白滝谷_160529_142138_44.JPG   白滝谷_160529_142151_45.JPG

14:30 登山道で下山開始
 駐車場までは雨にならないことを期待しつつ。
 下山中、ポツポツと雨滴が落ちてきましたが、駐車場までひどくならずに無事到着できました。
16:10 葛川市民センター駐車場 着
posted by 飄逸沢遊会 at 07:47| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野村さん、リーダーお疲れ様でした!
今回の講習で、安全に対する意識が高まりました!
Posted by まくうち at 2016年05月31日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック