2016年12月12日

ゴジラのテラス(岩トレ)

[日時]2016年12月11日
[場所]滝畑ダムのそば ゴジラのテラス
[参加]林 米田 幕内弟夫婦(L)
[天候]曇り時々晴れ

空気の冷たい日曜日。
二日酔いでとにかく辛い。
IMG_6553.JPG IMG_6542.JPG




8:00
関西サイクルスポーツセンターに集合。
米ちゃんは新車!

横谷川へ移動し装備の確認。
「猿の前裁」登山口看板のトイメン、横谷川に黒いホースがかかる所から渡渉。
テープに導かれながら、左へ左へ急登すると20分ほどでゴジラのテラスに到着。

まずは緩い傾斜で懸垂下降の練習。
スーパーバイザー林さんの指導のもと、降りては登ってを繰り返す。
米田さんは懸垂下降のバックアップに苦戦していた様子。
IMG_6541.JPG  IMG_6544.JPG


10:00
ひと通り練習・確認して、テラス上を少し降り「ゴジラの背ビレ」へ移動する。
別パーティが背ビレを登っていた。
我々は西へ懸垂下降。

ここで林さんが用事があるためお別れする。最後にコーヒーとお菓子を食べてお別れ。

いよいよリード。
ヌンチャクを作り、クライミングシューズに履き替えて、1番簡単そうなラインに取り付く。
米田さん曰く、グレードはセブン。
フリクションばっちり、ホールドスタンス豊富、さらに要所要所に電車のつり革が付いている!
高度感にビビりながらもなんとか終了点へ到着。
しかし終了点にいいピンや支点がありません。

あせりながらも残置ロープや細い木を支点にしました。
慣れないながらもロワーダウンしてもらい一安心。
その後、米田さんも嫁さんもすいすい登っていました。
IMG_6545.JPG IMG_6560.JPG


12:30
最後は米田さんがヌンチャク回収し、懸垂で降りて来ました。
空気が冷たく、鼻が冷えました。

今日はこのくらいにしてまた来週がんばります。

この場所、私ぐらいのレベルにちょうど良いです。
林さん、ご案内くださりありがとうございました。

今回、林さんのご指導で、
いつもいつもどんな場面でも使っていたタイオフ(カウヒッチ・ガースヒッチ)が、強度的にターンヒッチの方が強いということを初めて知りました。
支点の構築では毎回タイオフ、セルフビレイもタイオフでとっていました。
今後はシュリンゲの長さに余裕があるときは、ターンヒッチ・ラウンドターンヒッチで支点を作るように心がけます。

「タイオフ」って言いやすく、言葉のひびきもかっこよくて好きでしたが、安全を優先します。
posted by 飄逸沢遊会 at 09:13| Comment(1) | TrackBack(0) | '16年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはや、楽しい岩場でしたね。
欲しいところに吊り革ならぬ吊りロープが
あったりして・・。

きちんとこの岩場を管理されておられる方に
感謝したいです。
Posted by ikko at 2016年12月12日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック