2017年03月27日

松葉作りの谷

[日時]2017年3月26日
[場所]台高 吉野川水系 中奥川
[参加]山口 槙野 幕内弟(記)
[天候]曇り後雨

RIMG1199.JPG
直登できる小滝の連続。時間がかかりすぎて雨も降り出しそうで、早々に切り上げて帰ってきました。
3週連続の途中敗退。計画が悪いのか、体力が無いのか、、

6:30
川上村役場で山口さんの車発見。
山口さんは乗っていない。
トイレへ行ってみると山口さん発見。
気のせいか、2週前より老けている??
疲れてはるのかな??

槙野さんも合流し、いざ出発。

7:30
中奥林道の松葉作り谷出合に駐車。1台に乗り合わせて正解。狭い駐車スペースしかなかった。

8:00
入渓。堰提上流の杉林から楽々と沢へ降りる。
RIMG1183.JPG
朝一の渡渉は目が覚めました。
RIMG1184.JPG
右岸尾根の末端を踏んで本谷へ。
RIMG1186.JPG

水量は非常に少なかったです。
植林の中、枯葉枯枝が積もるゴーロ帯は、ごちゃごちゃした印象でした。
RIMG1189.JPG
完全禁煙に大成功した幕内は、今までの喫煙タイムがなくなったので、遡行図をとることにしました。

出合から二股までの水平距離約300mに直登できる小滝が10個以上ぎっしりありました。
RIMG1190.JPG  RIMG1196.JPG

9:20
2段 下10m上5m滝。
RIMG1204.JPG
下段はフレークを余裕で歩いて登る。
上段は右手の草付き壁を山口さんがリードすることに。
嬉々として壁に取り付く山口さん。
今朝、道の駅のトイレで会った山口さんより、若返ってる??
なんだか少年のように見えました。
中間支点を作ってる山口さんの背中が、すごく楽しそうで笑っているように見えたので、幕内はビレイしながら叫びました。「山口さーん!背中がたのしそうですねー!」
山口さんは振り向かず「楽しいよー!」と叫び返してくれました。

RIMG1208.JPG

こういうのが、すごく楽しいです。
思い出してもニコニコしてしまいます。
沢好きが沢登りして楽しそうにしてる姿が、すごく好きです。
過酷な環境やのに、おっさんが若返って少年のように夢中に遊ぶ姿が、めっちゃ楽しいです。

9:45
5m滝は落ち口にチョックストーン。
RIMG1212.JPG

狭まった岩肌は赤茶色にヌメッと光っていました。
見るからに滑りそう。
ここも山口さんがリード。
幕内がビレイ。
流れの左のフレークを1mほど登ったところで、山口さんが1ピン目をカムで作られました。クリップしたかな?どうかな?ってタイミングで幕内が聞きました。「山口さんクリップしましたかー?」 「はーい」
幕内がロープを張ろうとした瞬間、山口さんが落ちました。
ダルンダルンのロープは山口さんがグランドフォールしてもまだ、たるんでいました。
幸いなことに、両足からストンっと着地し、無傷でした。
ホールドが剥がれたそうでした。
怪我もなく、すぐに再び登りだしましたが、幕内は後悔していました。

めっちゃ注意深く行動しているはずなのに、クライマーを落としてしまったことが、本当に悔しかったし、申し訳なかったです。

山口さんは余裕でチョックストーンの下まで到達しました。
チョックストーンの下をくぐり、右奥から上へ抜けれるようで、ハーケンを一枚うち、登り切りました。
RIMG1217.JPG
山口さんがみんなのリュックを上げ、槙野さんがセカンド、幕内が回収しました。
カムもハーケンも見事に決まってて、山口さんの技術の高さを感じました。


10:45
チョックストーン滝の上が、二股になっていました。
ほぼ全ての滝を巻かずに登ったので、二股到着が予定より遅くなりました。
とりあえず予定通り右の本谷を進みました。ここからは自然林。
この辺から小雨がパラっと。

10:55
滑り台のようなナメ滝をいくつか越えると、黒っぽい10m滝がでてきました。
RIMG1223.JPG
これが黒滝かなって話してましたが、槙野さんいわく、この滝の上部が河原になっており最奥に黒滝があるとのこと。
とりあえず焚き火して休憩しました。

チョックストーンの突破で体はびしょびしょ。
天気も悪化してきており、気分は萎えていました。

11:30
焚き火を消して、左岸を上がることに。
尾根を目指してドロドロズルズルの斜面を20mほど登れば、なんと仕事道を発見。
仕事道でニセ黒滝の上流へ様子を伺いにいってみると、仕事道は沢へ合流しており、河原が始まる雰囲気でした。
もう気分も冷え切っていたので、仕事道で下山開始しました。

12:00
道は植林帯の尾根で消えていました。
RIMG1225.JPG
尾根を下りて行きましたが、標高が下がるほど急斜面になり、けっこうしんどかった。

13:00ゴロ
中奥川の堰堤へ到着。
短時間の遡行でしたが、楽しかったです。

山口さんには、下手なビレイでご迷惑をおかけしました。


考えることが多かった1日でした。
中庄温泉の湯船につかり、窓の外の雨を見ながら反省していました。



posted by 飄逸沢遊会 at 21:30| Comment(1) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまでした。
僕が落ちたのは1ピン目をクリップしてロープが張られるのを確認する前に登り始めたのも原因だと反省しています。常に意思疎通が肝心ですね。途中で切り上げましたが、僕的には内容が濃い面白い山行でした。またお願いします。
Posted by 山口 at 2017年03月28日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック