2017年04月04日

十二滝谷 2017年4月2日

[日時]2017年4月2日
[場所]南紀 十津川水系 十二滝の左股
[参加]野村 齋藤 大保 源蔵 幕内弟(記)
[天候]晴れ時々曇り [所要時間]7時間30分
[高度差]520m [水平距離]2q

猿谷ダムのトンネルが、自然災害復旧工事のため、夜間通行止めになっています。南紀方面へ行かれる方は、事前に通行止め時間をご確認ください。
写真 2017-04-02 9 10 49.jpg齋藤さんはバイクで登場。
トンネルが通行止めのため、某所で宴会し、かなり遅くまで飲んでいました。


6:00
起床。
予報では最低気温2度 最高気温14度。
朝方はやっぱり寒かったです。
十津川道の駅まで移動し足湯で温まる斎藤さん。
後部座席には野村さんが、電源が切れたように眠っていました。
写真 2017-04-02 9 11 47.jpg
9:15
大滝の右岸ルンゼから巻きのスタート。
写真 2017-04-02 16 33 35.jpg
前回と同じくまっすぐ登り、落ち口へトラバース。
薄い踏み跡が落ち口へ続いていました。

9:30
大滝の落ち口へ到着。
沢靴を流れに浸してみるとアクアステルスの齋藤さんはけっこう滑るようでした。

9:50
3段20m滝の落ち口。

ここから二股までは小滝の連続でした。
1〜2m程度の小滝をヒーヒー言いながら登りました。
5mトユ状の滝は、上からのロープを出してもらい、なんとか登れました。
写真 2017-04-02 10 08 51.jpg
つづいて5m滝もトップロープで直登。

フェルトソール組がわいわい直登しているのを横目に、アクアステルス齋藤さんは寂しそうでした。

11:10
二股に到着。
右も左も多段15m滝。
前回は右でしたが、今日は左(本谷)を選びました。
写真 2017-04-02 15 14 29.jpg
みんなでオブザベ。
落ち口の手前が悪そう。
源蔵さんがリードで、幕内がビレイ。
真ん中のテラスまでのぼり、ナッツが決まらずハーケンで支点を構築。
下で聞いているとハンマーでハーケンを叩く音が鈍い感じがしたので、齋藤さんが源蔵さんのいるテラスまで登りました。支点の確認後、源蔵さんが再び登攀を開始。1.5mほど登った箇所でシャワーどっかぶりで難儀していました。
そこで滑落。
ホールドが剥がれたのか、足が滑ったのか、ススーっと滑りなが落下しました。源蔵さんはテラスまで落ち、左へ後転するようにテラスから落ちました。
テラスで落下が止まったように思えたのですが、支点のハーケンが抜け、下部の階段状を転がるように滑落しました。
源蔵さんは滝の最下部、浅い水たまりのような釜まで落ちました。
全身を打ちながらの滑落でしたが、外傷は無く、おそらく打ち身だけでした。

写真 2017-04-02 11 24 20.jpg
その後、野村さんもこの滝に挑戦しましたが、同じところで敗退しました。

結局、この左股の20m滝は右手の樹林帯を巻き上がりました。
この巻きもなかなか手ごわく、30mロープをいっぱいまで使ったトラバースを2回おこないました。
写真 2017-04-02 11 57 32.jpg
巻きの途中、左股出合いの20m滝の落ち口を上からのぞくと、20m滝の次にさらに倒木のかかる10m滝があり、まとめて巻きました。

再び沢底へ降り、連続する小滝を上り続けました。
写真 2017-04-02 13 19 08.jpg

13:30
左から枝沢が2回、ゴーロの小滝を上り続けるとトユ上5mが出てきました。
写真 2017-04-02 13 21 44.jpg
ここで遡行終了。
CO670mくらいかな?
右手の尾根へ這い上がると、仕事道を発見。

けっこうな急斜面をモンキークライムダウン。
この尾根は下るほどに立ってきました。
写真 2017-04-02 14 38 08.jpg
ややこしくなってきたので懸垂下降でおりました。

15:00
懸垂した先は左股出合いの20m滝上部に到着。
30mロープを2本つないで懸垂下降で沢に戻りました。
懸垂下降中にロープが当たって落石が発生。
なかなか恐ろしい思いをしました。
写真 2017-04-02 15 02 10.jpg

16:10
3段20m落ち口まで戻ったところで、齋藤さんは左岸を懸垂下降しました。
その他メンバは右岸に見つけた石垣のある仕事道と思しき踏み跡を行きました。
踏み跡は一部崩壊しており、ロープを出して崩落帯をトラバースしました。

16:30
朝と同じルンゼを下って十二滝の下へ帰ってきました。

17:30
泉湯。
200円。

20:00
五條市 台湾料理 味味(みんみん)

posted by 飄逸沢遊会 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック