2017年04月10日

橋の谷 下部ゴルジュ

[日時]2017年4月9日
[場所]南紀 十津川水系 橋の谷
[参加]野村 佐野 山口 齋藤 幕内弟(記)
[天候]雨のち晴れ

今週も南紀で沢登り。
降り続く雨でゴルジュはなかなか迫力がありました。
RIMG1292.JPG




土曜日はずっと雨が降り続いていたし、日曜の6時頃にも4mmの降水がありました。
午後は晴れ予想だし、橋の谷は短い沢だし、いくだけでも行ってみようということに。
結果はさんざんでした。

8:30
旧国道の「橋の谷橋」を過ぎたスペースに1台きれいに停めれました。
橋の右手に踏み跡があり、たどってみましたがズルズル。
雨の沢登りは泥壁が滑りやすくって大変でした。
沢は橋からずっと小滝が続いていましたが、どの滝もすごい水量になっていて、幕内は朝一から取りつくにはちょっとビビッていました。

8:45
前方を歩く齋藤さんが5m滝をドシャワーで直登。
RIMG1283.JPG
しかし誰もついていかない。
というより、ついていけない。
まねできない齋藤さんの直登力をみせつけられました。
幕内は、この時、憧憬と悔しさを感じていました。


8:50
10m滝の前。かなりの水量。
RIMG1285.JPG
水線の左が登れそう。
でもツルツルだし、水量も多いし、のっこしが悪そうだし、巻くことに。
右岸を探るも、いいところが見つからない。
RIMG1287.JPG
樋上さんの遡行図を確認すると左岸巻きとなっていたので、そちらから巻きました。
ただ、この巻きもズルズルで、壊れた鉄はしごを頼ったり、細い立ち木をだましだましつかんだり、スリル溢れる巻きでした。

9:30
2段5m滝。
RIMG1291.JPG
激流のなか、トラバース。
野村さんがお助けシュリンゲを出してくれる。

9:40
トユ状3m。
RIMG1294.JPG
齋藤さんが挑戦するも流れが激しく断念。
幕内はここぞとばかりに取りつきました。

流れの中は階段だが、水流に足を持っていかれそうで怖い。
手はホールド豊富。
チョックストンの両側はすごい水流で通過できそうにない。怖い。

トユの下部からステミング気味に1mほど上がりました。
チョックストンまで上がらず、このまま右上にぬけれそう。
垂れたカズラをつかむと、ゆらゆらゆれて頼りにならない。
なんとか、もう一手、伸ばそうと思ったところで、ステミングしていた足が滑りました。
体はトユの中を腹ばいに滑りました。
このまま、滑り台のようにいけばよかったのに、足で踏ん張ろうと、止まろうとして右足裏をトユの中の段差で強打。

立てるし、歩けるのでこのまま遡行できると思ってました。

9:45
トユ状滝は左から巻くことになりました。
RIMG1296.JPG
ズルズルの壁を野村さんがハンマー投げで支点を作って突破。
幕内はラストで引っ張り上げてもらいましたが、さっき打った右足が痛くて登れず。
泣きそうになりながらなんとか登り切り、野村さんに相談し遡行中止。
撤退することに決定しました。
山口さんにオンブをお願いしましたが、断られました。


右岸尾根の仕事道より、沢中下降が早そう。
RIMG1305.JPG
ここから来た沢を懸垂下降の連続でした。
このタイミングで雨が上がり、青空が見えました。

トラバース気味の懸垂。
一部空中懸垂。
いろいろな懸垂ができましたが、足首が痛くてめっちゃつらかったです。
山口さんにオンブで懸垂してもらおうとお願いしましたが、また断られました。

11:40
「橋の谷橋」まで下山。
皆さんにご迷惑をおかけして本当に申し訳なかったです。

12:40
十津川 滝の湯。
JAF会員カード提示で300円。
滝の湯は、露天風呂が魅力。
内湯から階段で80段ほど降りたところが、滝のすぐそばの露天風呂です。
捻挫した足で露天風呂まで降りるのがキツかったです。
山口さんにオンブは断られそうだったので、頼みませんでした。

露天風呂は桜がはらはらと舞って良い雰囲気でした。


15:30
御所 かいしんげん。


最終的に、幕内号を齋藤さんが運転してくれて、山口さんが車で幕内家までついてきてくれました。
本当に助かりました。ありがとうございました。
posted by 飄逸沢遊会 at 11:19| Comment(1) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
迫力あるいい写真撮れてますね(^^)

大増水で難易度が格段にUPの谷をよく進まれました。
メンバーの沢への想いが篤い!

幕内さん、骨折でなく捻挫で何よりでした。
お大事になさって下さい。

Posted by ikko at 2017年04月10日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック