2017年05月07日

2017年4月23日  鳴谷(南紀)

【参加者】  谷崎 山口 野村 京谷 米田(記)

【ルート】  林道・太郎橋の袂より入渓8:15−連瀑帯右岸巻き8:40−
       沢床へ戻る9:37−かくれ滝9:46−8m大釜9:59−
       15m滝10:17− 2段20m滝12:15−
       10m滝12:30−岩壁登攀−沢床に戻る13:55−ナメ滝14:01−
       鳴谷大滝70m14:12− 林道着16:51

【時 間】  9時間(溯行6時間・下山2時間半)

【天 候】  晴


南紀・鳴谷は以前に溯行しており、結構、巻きが辛いというイメージがあった。

s-P4230001.jpg


ポイントは2箇所。


以前、最初の上部連瀑帯は大西さんが滝のすぐ右をハーケンを打って
登られたのだが、今回は滑りながら右岸に渡り、脆い土壁の樹林帯を登った。
山口さんがトップで抜け、ロープをFIX.された。
樹林を掴めるので、さほど悪くはないが、見た目より傾斜がきつい上に
土が脆く頻繁に落石があり、ここも緊張した。


s-P4230019.jpg


s-P4230037.jpg


この滝の右岸巻きが核心
s-P4230042.jpg


そして、10m滝の右岸巻き!
ここは野村さんがトップで、木の根を掴んで、3mばかり上の樹木に乗り上がり、
脆いガレガレの岩壁を右手へ見事に斜上トラバース。
5名がこの岩壁を抜けるのに1時間以上かかった。
s-P4230046.jpg


岩壁を抜けた最上部の岩場から遥かに見えた鳴谷大滝70mが印象的だった。
s-P4230051.jpg


鳴谷大滝70m
s-P4230058.jpg


そして下山!左岸の尾根を下って行くが、10mと続く20m滝で懸垂下降を2回。
ここでは谷崎さんが先頭を切って40mロープを駆使された。
結構悪いトラバースやクライムダウンを交えつつ高度を下げて行く。


長い長い先の見えない下山だつたが、見覚えのあるトラロープが現れた時は
ほっとした。林道はすぐそこだった。
明るいうちに帰り着いた!メンバーに感謝です(^^)




溯行記録へ→https://blogs.yahoo.co.jp/ikko1175/56409453.html

 
posted by 飄逸沢遊会 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック