2017年07月24日

7月16日〜17日 大峰 北山川水系 白川又本谷(奥剣又)

2017年7月16日〜17日
参加者:野村(CL)米田・幕内・YM中・ラード(改めタル之介)・ダニ齋藤(記)

けっこうつかれました。★7月16日
前泊地 道の駅黒滝を出発し07:10頃 行者還トンネル西口P着
身支度を整え、07:40頃、まずは奥駈道を目指し小一時間ほど登山。
出合はハイカーさんでにぎわっている。
KIMG2518.jpg

10分ほどの小休止の後、弥山方向へ稜線の登山道をたどり、まもなく緩いのぼりの先に
弁天の森が見える。ここから少し道を外し、石休宿跡の手前から南に派生する尾根を目指す。
疎林が美しい。
KIMG2525.jpg

1295Pの唐笠岩を目当てに尾根をたどるがところどころ切れた斜面もあり慎重に道を探りくだる。
唐笠岩を巻いて下った当たりのやや平坦な場所で再度読みあわせて下ったが
KIMG2535.jpg


どうやら1本右手の尾根を下ってしまったようだ。狙いの火吹谷出合を外してしまったようで
降り立った場所は側壁から湧水の迸る滝の、その上の植林小屋跡の台地であった。
ここまで思わぬ時間をかけてしまい12時半。
KIMG2536.jpg

幕さん評『奈良の大仏見に来たのに、東大寺の屋根に乗った気分だ』
台地の上にも湧水が滾々と湧出して眼下の本谷に降り注いでいる。
KIMG2539.jpg
前日から入っているTN崎さんパーティの、K谷さんの忘れ物と思しきダンベルが転がっていた。
KIMG2537.jpg
食事休憩の後
幕さんと野村さんは脇の小滝を降りて本谷で水遊びに興じる。
ダニーは昼寝する。
received_1175601489253265.jpg

13:20 遡行再開。
台地を谷沿いに辿り大滝を簡単に巻いて入渓する。
しばらくは側壁から湧水がところどころ湧出しているので水温は低いが
震えるほどではない。適宜泳ぎ、取り付き、攀じりつつ進む。
KIMG2541.jpg

KIMG2540.jpg

received_1175602005919880.jpg

水晶谷手前の低いがシブい滝を左岸から巻き下ると、
寝坊して遅刻し、水晶谷を下降してきたラードさん(夏季はタル夫さん)が待っていた。
ゴルジュの向こうにはすぐに大きな滝が見え、巻も時間がかかりそうだ。
KIMG2553.jpg
6人所帯の遡行ということで若干時間もかかったが、時間も16:30を過ぎているので
水晶谷出合手前のゴルジュの河原を整地して、なんとか寝床をつくり幕を張った。

KIMG2545.jpg

火を起こし、米を炊き、思い思いに持ち寄った食材を共にする。
KIMG2546.jpg

KIMG2547.jpg

炊き込みご飯もふっくら炊けた。
KIMG2549.jpg

焚火で、飯盒で炊くメシはうまい。

風もなく、かすかに揺らぐ火を眺めながら持参の酒を舐め
ひとり、またひとり、幕の下にもぐり込み、水の音を枕に夢を結ぶ。
KIMG2551.jpg

ダニーは幕下にスペースがなかったので、焚火のそばに銀マットを広げて眠った。

★7月17日
翌朝は一番に大滝の巻からはじまる。
水晶谷出合上流の滝は右岸の崩壊の進行しているガレを詰め、最後のザレが終わりかけるあたりで
右手の斜面に乗り換えて越える。
KIMG2554.jpg

落ち口上から
KIMG2555.jpg

口剣又出合のションベン滝は元気に放尿している。
KIMG2558.jpg

いくつかの美しい滝を巻きながら高度を上げるが、滝場の巻は
どれも崩れやすいルンゼで落石に気を使う。

KIMG2563.jpg

KIMG2565.jpg

KIMG2571.jpg

赤いナメの滝は登れそうだったが、時間がかかりそうなので思案の末
KIMG2572.jpg

右岸の「巻くならここしかないだろう・・・」と思われる斜面をロープを引いて1ピッチ上がった。
40mいっぱいまで引いてやっと安定した小尾根に辿りついたが、その上が岩稜となっており
更に左手のルンゼをトラバースして向こうの尾根に取り付かなければ進めなさそうだった。
ピッチを切った場所から、ラストの野村さんにそのままロープを引いてもらい
シブいトラバースでなんとか歩けそうな尾根に乗り換えると、そこから先は文字通り
喘ぎながらの登高であった。
※巻いた最後の滝はむしろ少し時間がかかってものぼって谷をたどった方がまだよかったと、振り返って
おもう。

ダニー、シャリバテ気味で遅れだす。


17:50 主稜線、八経ヶ岳と明星ヶ岳の中間コルに出た。
KIMG2576.jpg

20分ほど山道をたどり八経ヶ岳P

KIMG2578.jpg

ガスが覆う景色だが、これぞ大峰。
オオヤマレンゲの可憐な花や蕾が迎える山道を弥山経由で行者還トンネル西口へ降りる。
KIMG2580.jpg

夕やみ迫る山道は幽玄。
KIMG2581.jpg

弁天森手前からは完全に闇下となったが、ホタル??が飛び交い
風のそよぐ音、鹿鳴が暗闇に交し合う夜の大峰の味わいを堪能しながらの下山となった。

21:45駐車場着。

ホンマいい旅でした。
パーティのみなさん、ありがとうございます。

posted by 飄逸沢遊会 at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜、カム(ブラックダイヤモンドの0.5)を水晶谷出合から先の小滝のところに忘れてきてしまったようです。 悲しい〜
次回はフジノトコから余裕を持って2泊3日で行きたいですね。来年。
Posted by 野村 at 2017年07月28日 05:26
カム、多分あの滝上の樋状渡るときにワンポイントでシュリンゲだしたあたりですか?
ちょっと周りに声かけときます。
確かにフジノトコからだと2泊3日じゃないとキツいですね・・・・
私も2日目かなりシャリバテでした。
足引っ張ってすみません。
Posted by ダニ at 2017年07月28日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック