2017年08月03日

白倉又谷7月4日の続き

7月25日、白倉又谷 メンバー西田・大西・武田
前回は5名でしたが今回は仕事の都合上3名になりました。
前回枝谷の合流点を右岸高巻き終了点から少し踏み跡をトラバースし滝上に出るも2段の連瀑で少し上部に降りるが大きな長渕がありその上に結構斜度の有るナメ滝が落ちる(下に降りて遊びたかったが今回は武田氏がこのまま簡単に巻けるので降りず、残念!)右岸をそのまま進みナメ滝落ち口にでる。
その先すぐで大岩が被さる綺麗な場所だが蜘蛛の巣が多く早く抜けると綺麗な小滝に綺麗な小釜(60CM程の落差で深さ2M程だが底は岩盤で砂利等は一切なくすごく綺麗な水中でした)で少し遊び今回の白倉又谷を充分に満喫した。(水は思っていたより冷たかった)
すぐ上部でもやっている場所が有り右岸から谷が湧き水で流れている。(冷気でもやってた)谷の上部岩盤基部にもモヤが有り気になるがそのまま進み馬の鞍谷出会(水温も上がり両谷共に藻が発生してる)から馬の鞍谷に少し進み、出会に戻り本谷左岸のルンぜより巻くと落ち口に出る踏み跡を辿ると30M滝に出る左岸より踏み跡を辿り滝上に出て今回は終了下山する。
1501161454021.jpg

湧き水の谷
1501161575507.jpg

出会の滝
1501161600474.jpg

興味深々の武田氏
1501161377500.jpg

大鍋をかぶりご満悦の絵
1501161341589.jpg

鹿の頭蓋骨をかぶりお土産が出来たと喜ぶ絵
1501161416753.jpg

この後スライダーを楽しみ駐車地に。
かなり楽しい1日でした。大西
posted by 飄逸沢遊会 at 22:17| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。