2017年10月03日

蓮川絵馬小屋谷

2017年10月1日(日)晴れのち雨のち曇り
参加者 O保 k谷 k藤 t崎(記)

今月も沢へ。
前泊、波瀬の駅で。
ネコのたまり場。かわいい黒猫、パンダ猫が迎えてくれた。
後からもう一組沢チームらしき人たちが前泊。
朝起きると、キンゴサンとわんこちゃんに再会。
やけに静かで・・・あちらはとても賑やかで・・・と思っていたようです。

7時半出発、絵馬小屋林道、崩壊地点近くに駐車。
8時半入渓。
水は穏やかで、優しく。
いつもほれぼれする夫婦岩。
IMG_6501.JPG

IMG_6504.JPG
o保氏、恒例のお祈り

IMG_6506.JPG
夕食のスープになったキノコ。食べたk藤氏、今、風邪気味らしい?!。

ゴーロを歩いて1時間、五カ所滝へ。やはり滝を見たくて、少し戻り右岸を巻く。
ノーロープで5mほど上がり、ロープでほろーして立ち木渡りでトラバース。
昨年懸垂した木を目指して登る。
そこからは踏み跡を辿り、10時半過ぎには五カ所滝上へ。
IMG_6514.JPG

IMG_6517.JPG

IMG_6524.JPG
3段18m滝は右の草付きのクラックをk藤氏トップで。
マイカムも残置しそうになるほどよく効く。

IMG_6533.JPG
石谷滝15m。

IMG_6537.JPG
白倉滝35m


IMG_6547.JPG

IMG_6553.JPG

15時過ぎには、ナメ滝を快適に辿り、直の二股から左の稜線に詰め上がる。

IMG_6558.JPG

ここから稜線歩き、登山道といえども疲れとアップダウンもあり、
18時半過ぎ駐車地点に戻る。

稜線は自然林の快適な道。時間があればゆっくり味わいたいところ。
紅葉にはまだまだ早いです。
キノコは盛りを少し過ぎています。

秋の夕暮れは釣瓶落とし、あっという間に暗くなり、へっ電使用となりました。

駐車地点に着くと、早着のk藤氏から熱いコーヒーが!

皆様、本当にお疲れ様でした。

昨年のリベンジ、無事果たせました。

ありがとうございました。

大謝謝。
posted by 飄逸沢遊会 at 21:18| Comment(0) | '17年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。