2007年06月21日

6月17日 白川又川・オングロコ谷(林道より上流)

きれいな滝がたくさんありました。
稲妻型滝
[参加者]鎌田、武田、山口(レポ)
[地形図]2万5000分の1「釈迦ヶ岳」
[天気]曇り
[入渓]
白川又林道の明芽谷のゲートから片道2時間の林道歩き。オングロコ谷にかかる橋の袂から入渓。ゲートの説明に、通行したい人は要連絡と書かれていたので、あるいは申請すればゲートの奥までいけるのかもしれません。
[遡行状況]
最大で30m位の滝をはじめ、代表の『大峰の沢』に掲載されている稲妻型の美瀑など、たくさんの滝がありました。どれも比較的簡単に巻きあがることができ、ロープを使ったのは最初の滝の少しいやらしい巻きと、30m滝の巻きで懸垂下降をした程度でした。何箇所か泳いで渡るところもありますが、流れに逆らっていくような厳しいゴルジュはありません。ただし水は冷たいです。車のデポ地から往復4時間かかることもあり、大峰主稜まで詰めあがるのは1泊する必要があると思います。
[下山]
標高1180m付近から北側の尾根に這い上がり、地形図の1293m付近のコルを目指す。そこから尾根伝いに北西方向に少し登って、北東方向に伸びる尾根に入り、1307m地点→1152m地点とつたって、925m地点に向かう途中で地形図にない林道支線を発見してそこから降りました。
[ヒル]
3人とも被害なし。ただし昼食時にすぐ近くで鹿の鳴き声が聞こえたこともあるし、入渓前に林道脇に雉打ちに行った時に大きなヒルが近づいてきたので、いるところにはいると思われます。
[コースタイム]
5:30 明芽谷ゲート 〜 7:40入渓 〜 8:00 10m滝 〜 9:00 30m滝 〜 9:45 稲妻型滝 〜 12:00 1180m付近で遡行打ち切り 〜 14:10 林道支線着 〜 16:00 明芽谷ゲート

kmd氏とtkd氏その1 kmd氏とtkd氏その2 泳ぐtkd氏 美瀑その1 泳ぐkmd氏 kmd氏とtkd氏その3 「命」 美瀑その2 直登 稲妻型滝 tkd氏
posted by 飄逸沢遊会 at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>皆様
一番上の写真をクリックして大きい写真で見てくんろ。
Y口さんが左上の端っこのほうに写ってんのが分かるやろか。ウォーリーを探せ!みたいな。
このY口さんの足元あたりに1m強の ごっつい蛇が居ったんですが、Y口さんは気づかなかったらしい。
Posted by kmd at 2007年06月21日 10:26
ウォーリーというか、どちらかというと心霊写真みたいな...「2時のワイドショー」に投稿したら「供養」してもらえたかも?!
ヘビ見たかった。
Posted by Y口 at 2007年06月22日 00:46
山口さん、ヘビの花子を踏んずけんで
よかったね。
踏んずけとったら、花子の逆襲は怖いよ〜。
山口さん、体、巻きつけられて
頭からガブられてたかもよ〜。
Posted by 男前 at 2007年06月22日 17:06
近くにいてはったんですね。岩屋谷は良かったですよ。こっちは、イノシシが怖かった!
Posted by 上田健 at 2007年06月22日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック