2007年06月27日

6月24日 若丸山1285.7m 雨降りしきる熊河谷遡行  参加者、樋上・鎌田・梶谷(レポ)

えぐかった〜
鎌ちゃんと組んでなかったら
日帰りは厳しかった
若丸山山行でした。



若丸山山頂にて前夜、北陸自動車道福井ICで下車。
なんやかんやありましたが
国道157号線に入り
熊河林道入り口で車内泊。

あくる朝、目覚めると雨が降っている。
熊河谷林道を入って行く。
林道は地形図(平成4年部分修正測量)より
奥まで延びていて
入渓口である熊河谷橋まで車が入ってしまった。

熊河谷橋

雨はますます降ってきて
樋上さんは体調を考慮して辞退、
鎌ちゃんと二人で熊河谷に入渓。

最初は長い河原歩き。
標高点776mがあるあたりから
方角が東を向くようになってから
ようやく沢らしくなってくる。

ようやく沢ぽくなりました

赤いビニール紐がある支流が
若丸山に突き上げるナリガマタ谷?

ナリガマタ谷出合?

ワテらが沢通しで遡行してしまったせいなのか
市販されとる沢の記述とは
えれ〜違いがありました。
ほんまに、えぐい沢でした。
ワテらが下った
P.1,206mの尾根を挟んだ西隣の沢が
ナリガマタ谷だったではなかったのか?

いきなり4m滝。
ここは、滝の右側を登る。
その後は、しばし順調。
そして、5m滝が出てきて
ここは左岸から巻きにかかるも
上へ上へと登らされる。
草付の斜面に降りしきる雨。
鎌ちゃんの歩いた跡はドロドロ。
歩けるもんじゃない。
ロープを出してもらい
ヤブの中を振り子トラバースも
まじえながら滝を巻く。

ほっとする間もなく
またまた5m滝。
ここは、鎌ちゃんが左岸のルンゼから
ワテが右岸のルンゼから巻きました。
ワテの登ったルンゼは壁が立ち
岩登りでした。
ようやく滝を巻いたかと思ったら
またまた4m滝。
ここは左岸の子尾根を登りましたが
雨の中の岩登りに
生きている事の尊さを実感しましたで〜。
岩尾根を登って行くと鎌ちゃんがいました。
鎌ちゃんを追いかけながら
山の斜面をヤブ漕ぎのトラバース。

その後も子滝がひっきりなしに出てきて
ルンゼになっても水は切れない。

R2007.6. 004.jpg

水が切れたと思ったら
ルンゼは消え
ヤブ漕ぎしながら福井・岐阜県境尾根に到達。

ここから若丸山までは
踏み跡はあるがシャクナゲやツタのはびこる
痛烈なヤブ漕ぎでした。
鎌ちゃんもワテもバテバテになりながら
若丸山に到着。

若丸山登頂、万歳!

頂上は360度の展望ですが
雨とガスのため何も見えない。
写真撮影をした後、すぐさま下山。

下山は、県境尾根を西にとり
コンター1206mを過ぎた地点から
北北東に派生している尾根の
西側にある沢を下りる事にする。
それは、そこが一番なだらかな沢で
雨降りしきる状況では
最善の下山ルートだった。

でも、そこまで県境尾根を歩くのが
大変でした。
鎌ちゃんはコロコロころがっちょるし
ワテはズッテとこけるはで
ヘロヘロになりながらの
ヤブ漕ぎでした。

ようやくルンゼにたどり着く。
ここからは快調に下りていきましたが
最後の滝場で懸垂下降をするも
30mザイルでは短すぎて
ワテ、ビレイ解除するのに
なかなかカナビナが外れず
延々と続くシャワー地獄に
往生しました。

ようやく熊河谷本流に戻ったものの
沢は増水しとって茶色の濁流となっていました。
雨は降りやまず川の中を歩いてたら
濁流に流される恐れがあるんで
川岸のヤブの中で
草をかぶってわかりずらくなっとる
踏み跡を探しながら下山しました。
そんでも対岸に渡渉せにゃあかんトコが
数箇所ありました。
鎌ちゃんとスクラム組んで渡ろうとした際
二人とも流れの水圧に負け
こけてしもうた場面もありました。
熊河谷橋が見えてきた時は
ほっとしましたで〜。
樋上さんの車にたどり着いたのが
夕方の5時過ぎ。
きわどく時間内に山行が終えることができ
またまた、ほっとした一日でした。





posted by 飄逸沢遊会 at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふぇへへへ〜。
二人でスクラム組んで、すってンころりん??
見たかったなぁ〜。
Posted by tubo at 2007年06月29日 01:07
若丸山のサンドイッチマンはよー似合ってますなー
Posted by tkd氏 at 2007年06月29日 11:53
ツボ姫様へ
今度は三人でスクラム組んで
こけて遊びましょう。
コロコロ、コロコロ。
Posted by 男前 at 2007年06月29日 15:17
そうでっしゃろ〜。
鎌ちゃんもワテも
男前やから
よ〜似合ってますやろ〜
Posted by 男前 at 2007年06月29日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック