2018年08月07日

尾上郷川 別山谷 カラスノ谷

2018年8月4日〜5日  参加者 s崎 k谷 t中 t崎(記)

行程 4日 石徹白登山口5:00発〜神鳩ノ宮避難小屋7:00〜ブナゴヤ谷下降〜別山谷出合10:30〜カラスノ谷出合12:00〜
      1400m位泊15:00
   
   5日 6:00発〜最後の滝9:00〜大平壁11:00〜別山谷頂上12:30頃〜石徹白駐車場18:30


「滝、ゴルジュ、草付き、壁と沢登りの魅力がすべておさまった谷、白山を代表する名渓」と書かれていたが、その通り!

 今回は、雪渓も少なく、雨が降っておらず、草付きの巻きは泥が乾いており、草はしっかり根を張り、昨年(石川側からの別山谷)と雲泥の差であった。
 
 1日目はカラスノ谷までの取り付きで終わり。2日目が本番。起伏に富んだ滝、ゴルジュ、ナメを辿り、最後は3級の壁登りで別山頂上へ。最後はとどめの激下りで駐車場。疲れました〜〜〜。

P8050202.JPG

最後の大平壁

4日(土)駐車場5時発

P8040036.JPG

駐車場から400mほどで大杉 

P8040040.JPG

避難小屋から登山道を登り、最初の鞍部よりブナゴヤ谷へ。

P8040048.JPG

二段の滝を懸垂。この後下降続け、1200mくらいで巻きの難しい滝やゴルジュが出てきて、右の尾根に登る。

一番高いところが平らになり、溝、谷の始まりらしき物が出てきて、それを辿っていくと、すんなり別山谷の出合いに到着。

別山谷は岩が大きいが、すんなりと。大きい魚の陰があちこちで。ブナゴヤ谷では、10回も通っている釣り師にも出会う。

P8040063.JPG

やっと、カラスノ谷出合い。

P8040067.JPG

P8040080.JPG

上部がナメになっている滝。左を登る。

P8040088.JPG

P8040097.JPG

トポに出てくる滝の大きさが小さく書かれてあるようで、実際は大きく感じる。

そろそろ疲れて15時、適当な泊地があったので、今日はここまで。

いつもなら盛大なたき火だが・・・暑くて火をつける気もせず。濡れた物がよく乾く。

まったり、午睡。(昨晩は駐車場12時、1時着。)

P8040108.JPG

やっと5時過ぎ着火。星がたくさん煌めいていた。


5日(日)2日目。   6時出発。   やっと、本番。滝、滝、滝・・・

P8050110.JPG

P8050119.JPG

P8050123.JPG

ナメ、ナメ、ナメ、
P8050140.JPG

P8050143.JPG

P8050149.JPG

P8050150.JPG

P8050156.JPG

P8050159.JPG

P8050171.JPG

最後の滝10mとなっているが?・・・
P8050179.JPG

これを過ぎるとたんたんとガレを大平壁基部まで。雪渓も現れ、高山植物も多くなる。

P8050181.JPG

P8050188.JPG

P8050194.JPG

P8050200.JPG

P8050209.JPG
辿ってきた谷

P8050207.JPG

大平壁、沢筋に沿って溝を登る。

P8050212.JPG

別山頂上。

お花、たくさんの蝶、蜻蛉・・・天国のよう。

P8050221.JPG

P8050225.JPG

激下りの三の峰へ。

P8050228.JPG

アップダウンの繰り返し、刈り取られた笹の滑り、頭上からはきつい日射で、ばてばてになりました!

6時半駐車場着。駐車場で虫に襲われた! 

s崎氏、下山途中で熊2頭と出会う。k谷氏、やはりトレランと下山。t中さん、速い速い、2時間待たせしました。

皆様、お疲れ様でした。
posted by 飄逸沢遊会 at 21:19| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。