2018年08月11日

焼肉 馬酔木

[遡行日] 2018年8月11日
[コース] 焼肉定食(ホルモン・地鶏)と猪ロース
[参加者] 幕内(弟L/記)妻・子
[天 候]  晴れ

関西で沢登りをしてる人なら知ってるであろう焼肉 馬酔木(あしび)。
僕自身、何十回もお店の前を通ってはいたものの、なかなか入る機会が無いままでした。
そして山の日、沢遊会の皆さんが良い沢へ行く中、家族で馬酔木へ行ってきました。




14:50
入店。
駐車場は2台あいてるだけでした。
ジャリのエントランスからステップを2段上がり、玄関のドアノブはどこか懐かしい豪華な装飾のサムラッチ錠。
ドアを開けると店内は飴色の板壁、むき出しの天井は真っ黒な木材。
年季の入った卓上コンロに期待と不安が交錯します。

窓側の席に通してもらい、稜太郎を転落防止ベルトで椅子にフィックス。
セルフビレイは沢登りの基本技術。

ランチメニューにはドンブリ物もありましたが、ここは焼肉をチョイス。
焼肉定食セルフサービス(ちょっとわかりにくい)にしました。
焼き物は4つから選べます。
牛肉・合鴨・地鶏・ホルモンミックス。
さおちゃんは国産牛しか食べないというポリシーをつらぬき地鶏を選択。
僕はホルモンミックス。
ライスは大中小を選べるので二人とも大盛り。

こんな時間でもお店は忙しそうでした。
肉をお持ち帰りで買って帰るだけのお客さんもひっきりなしでした。
そういえば道中、吉野川の河原はBBQを楽しむ人で溢れかえっていました。
馬酔木で買って河原で食べるのかな。

店内のテレビで高校野球中継をみていると、
ライスサラダお味噌汁が出てきました。
そしてすぐお肉も登場。
卓上コンロは二人でちょうど良いサイズでした。

さあ、地鶏とホルモンが焼けました。
甘めのタレにつけて、こおばしい脂とライス。
たまりません。

追加で猪ロースも注文しました。
これがまた、コクがあるのに臭みがなく、後味すっきり。
すごい美味しい。

稜太郎もよだれが出てました。


15:40
退店。

沢登りの帰り、心地よい疲労感の中で、猪ロースを食べたら、眠くなって運転やばいかも。
でもおすすめです。
posted by 飄逸沢遊会 at 22:25| Comment(0) | グルメ・温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。