2018年08月18日

2018年8月11日〜12日 前鬼川孔雀又谷右俣〜釈迦ヶ岳

前鬼川孔雀又谷右俣

[日 程] 2018年8月11日〜12日
[参加者] 富永 宗川夫妻 高橋 石田 会員外1名 寺田(L/記)
[コース]
11日 8:00林道ゲート600m − 8:20入渓地点 − 9:002段10M − 10:30滝谷 − 11:05垢離取場 − 12:30深仙又谷出合 − 15:00孔雀又二俣 − 15:40アシメ谷出合上1000m(泊地)
12日 6:35泊地 − 8:20入渓地点 − 9:10二俣1250m − 11:00ガレ二俣1490m − 12:30奥駆道合流 − 14:30釈迦ヶ岳 − 15:50深仙の宿 − 18:30前鬼宿坊 −19:10林道ゲート前
[天 気] 2日間とも晴れ一時小雨

5_R.jpg

お盆休み♪涼を求め前鬼へ

天気予報はあまり良くありませんでしたが、雨という雨にも遭わず快適な遡行となりました。

ただ、詰めと長い奥駆道はきつく(;'∀')私は軽い熱中症で時間が掛かってしまいましたm(__)m

朝7時に道の駅上北山で集合し、前鬼林道を車止めゲートまで走り駐車。
1_R.jpg

8:00出発で少し林道を戻ったところから崖を下り前鬼川へ入渓。
2_R.jpg

黒谷出合を右手にとり孔雀又谷へ

水は少なめで大岩は右岸でくぐり
3_R.jpg

前鬼ブルーを楽しみながら
4_R.jpg

2段10mを左岸で巻いて滝上でロープを出して右岸へ渡ると120mあまりのナメ床が♪
5_R.jpg

シャワーとなり注ぐ滝谷を左岸から巻いて垢離取場で軽い食事をし

釜を抱えた斜滝は滝身からのぼり
6_R.jpg

快適にゴルジュ・ゴーロ帯を抜けていくと孔雀又左俣を越えたところの小屋跡周辺に快適な泊地が点在。
明日の為にもう少し進み、アシメ谷との分岐の二俣上部で泊。
7_R.jpg

予定より少し遅れたが、元気に出発!
8_R.jpg

大岩がゴロゴロしているところや遡行図に載っていない大滝を谷中、巻き道(ほとんどが右岸)ですすみ
9_R.jpg
10_R.jpg
大ガレとの二俣を右にとり、

後半の枯れた多段大滝を越え
11_R.jpg


ガレ場は途中より右の尾根へと草付きを這い上がり
12_R.jpg

尾根に乗り奥駆道へ
釈迦が岳への急登を登り
13_R.jpg

後は太古の辻経由駐車スペースへ

14_R.jpg
お疲れさまでしたm(__)m

posted by 飄逸沢遊会 at 15:49| Comment(0) | '18年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。