2019年05月04日

2019年5月2日 芦生ゲロク谷右々俣 由良川水系

[日 程] 2019年5月2日
[参加者] 川添 西田 石田 槙野 中山 寺田(L/記)
[コース] 芦生山の家 7:35 − 9:50カズラ谷出合(入渓) −10:10ゲロク谷出合 − 13:00二俣 − 14:202段12M − 15:35赤崎東谷上部 − 15:55
904Mピーク −16:30赤崎尾根分岐 − 18:05赤崎谷出合 − 芦生山の家18:40
[天 気] 曇のち晴れ

快晴の予報の中、芦生の原生林の中へ!

前夜は美山ふれあい広場でプチ宴会。
朝は小雨降る中の出発となりましたが、途中からは晴れ間が出て新緑の中の気持ち良い遡行となりました。

ただ、水はまだ冷たかった^^;

ゲロク谷201952_190504_0007.jpg
川沿いの芦生山の家の駐車場に駐車。
小雨がぱらつく中、すぐ近くの橋を渡ってトロッコ軌道沿いにゲロク谷出合に向け、新緑やブナ林、苔たちに癒やされながら
ゲロク谷201952_190504_0021.jpg

途中、軌道下が崩れ落ちているところが数箇所、赤崎谷出合を超えてから一箇所だけ降りるのに倒木が邪魔をし、足場が取れず懸垂にて。手前で降りても良かったかも。

ゲロク谷201952_190504_0020.jpg
ゲロク谷201952_190504_0018.jpg

カズラ谷出合で沢靴に履き替え入渓!
ゲロク谷201952_190504_0016.jpg
ゲロク谷201952_190504_0017.jpg


ゲロク谷出合まで比較的緩やかな沢に中を進み、二俣を右に取り、ゲロク谷へ
ゲロク谷201952_190504_0015.jpg

雨の後ということもあり、水量の多い中、小滝の中を進む。
ゲロク谷201952_190504_0014.jpg
滝中も垢で滑りやすい中、水流で押し戻されたりと、直登出来ない滝もあり、時間がかかってしまいました。
59379748_1991163320993564_246829537118126080_n.jpg
二俣手前の10M滝は右岸巻きからの懸垂で

ゲロク谷201952_190504_0013.jpg

二俣に着く頃には、身体が冷え切っていました(・_・;)
すぐの8M滝も寒いので左俣に入ってから巻きで懸垂下降。
ゲロク谷201952_190504_0011.jpg
ゲロク谷201952_190504_0012.jpg

日差しが出てきて身体も少し温まってきました♪
ゲロク谷201952_190504_0008.jpgゲロク谷201952_190504_0007.jpgゲロク谷201952_190504_0006.jpg


快適に遡行していたが、右の支流の流れが多かったのか気がつけば右俣の右俣へ、、、

すでに時間がかかっていたので、ショートカットとそのままザレ場を詰め上がって赤崎東谷への下り取り付き部へ詰めました。

東谷で時間がかかって日が落ちるのも嫌なので、稜線へ出て尾根を下ることに!
904M地点を経由し
ゲロク谷201952_190504_0004.jpg
カミナリ杉から尾根下り!
ゲロク谷201952_190504_0003.jpg
下りは左の支尾根に誘導されてしまうので注意しましょう!

どうにか日が落ちる前に駐車場到着♪
ゲロク谷201952_190504_0001.jpg

お疲れ様でした♪
posted by 飄逸沢遊会 at 08:11| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。