2019年07月14日

大台ヶ原 西谷上部

2019年7月13日(土)天気 曇り、晴れ、雨 参加者 k谷 t永 t崎(記)

西谷上部は、渓相が素晴らしい! 至る所が日本庭園風。 見とれることしばし。

P7130232.JPG梅雨の晴れ間を狙って、大台ヶ原へ。
川上村は雨、大台ヶ原Pに着くと小雨・曇りに。
増水中で、大ぶりになっても逃げられそうな沢と言うことで決定。

大台ヶ原に1台駐車、川上辻にも1台駐車。川上辻では先行者、6名、同じ沢へ入るという。

7時半 川上辻より快適な道を大台辻へ。

P7130193.JPG

9時半 西谷橋手前から入渓。

P7130196.JPG

P7130198.JPG

P7130201.JPG
 
早速、腰までの入水、へつり。

P7130203.JPG

美しさに見とれながら、たんたんと進む。

P7130206.JPG

P7130208.JPG

瀞で、t永氏 ライフジャケットを改造し、浮力をテスト中、OK!

P7130211.JPG

P7130213.JPG

P7130214.JPG


10時半 土倉滝10m、先行者は右を、私たちは左を。

P7130217.JPG

P7130218.JPG

P7130221.JPG

岩の色が変わり、茶色のナメ床

P7130222.JPG

11時 ミニゴルジュ

P7130226.JPG

胸までのへつり、右岸に巻き道、トラロープあり。

P7130227.JPG

P7130230.JPG

11時過ぎ 二股、右は川上辻へ。先行者Gは右へ。お昼休憩、お湯やラーメンのつゆで体を温める。手先まで冷えてきた。

P7130232.JPG

気持ち良いほどの連続滝、冷たさも気にならず・・・

P7130233.JPG

P7130235.JPG

P7130241.JPG

P7130243.JPG

右岸を根っこつかみつかみ、巻く。

P7130248.JPG

12時40分 7m滝

P7130249.JPG

P7130250.JPG

P7130252.JPG

P7130253.JPG

13時15分 何度も二股を過ぎ、頂上への尾根。

泥付きの壁を登り、枯れた木を見分けながらのモンキークライム。
笹原に着くとホッと。

P7130255.JPG


2時過ぎ。最後は少し藪をかき分け、ジャスト頂上の展望台の前。雲が勢いよく流れ始め、雨が降り出す。セーフ。

P7130256.JPG

こんな天気でも、登山者は次々とやってきた。

t永氏はそのまま、大台辻、二人は大台Pへ。

西谷.JPG


水が冷たく、ヒルに遭遇せず。鹿があちこちで跳んでいたが。

ラバーソールでも快適。

途中小雨になったり、晴れ間が出たりとのややこしさでしたが、濡れたら同じ。

梅雨の休みの沢にうってつけでした。お疲れ様でした。








posted by 飄逸沢遊会 at 16:18| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。