2019年08月30日

2019年8月25日 東ノ川西ノ谷(台高)

[遡行日] 令和元年 8月25日
[参加者] KB浦、野村(L/記)
[行 程] 8:40 駐車地 出 − 9:00 林道から下降開始 − 9:30 西ノ谷(入渓)−
     − 9:30 不動滝(9:45〜11:00) − 12:00 4連瀑下 − 13:00 4連瀑上−
    (遡行終了)− 13:05 駐車地
[天 気] 晴れ
[備 考] 水量は多め。ヒル被害なし。

 このところ雨が多く、沢の水量はどこも多め。だからというわけでもないが、急遽、越年課題のひとつ、不動滝へ行くこととなる。
 やはり水量は多い。それだけに滝の迫力が素晴らしい。
 ここの西ノ谷は、コンパクトで楽しい。遡行後の喘ぎ登りや下山がないのもいい。
体力トレーニングには不向きだが、沢の岩トレにはイケるところかと。

 前夜は上北山道の駅、夕涼みのラードさんも交えて小宴会。遅くには槙さんが合流もひとしきりとどまった後下北山の道の駅へと去っていった。池郷の大又谷へ行くようだ。


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_094445_15.JPG

 滝しぶきを背景に、登攀準備中  天気は上々、コンディションも上々



 サンギリトンネルを抜けて林道を進むが、下降地点の手前で巨大落石に行く手を阻まれる。
仕方なく、少し戻ってスペースに駐車し、歩いていくことに。
 林道を歩くと汗がにじんでくるものの、体のウォーミングアップにはちょうど良いかも。

 東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_084110_02.JPG東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_093202_09.JPG
   不動滝の正面全景  右手の壁を攀じることになる


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_094931_16.JPG
   いざ let's try!  落口に向かってロープを伸ばす


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_095149_18.JPG
   部分的に微妙な箇所が出てくる(草付きは心許ない)


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_095154_20.JPG
   中間テラスを目指す
   壁の手元を流れる水はぬるま湯、時に滝を横目にハラハラドキドキ


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_102821_31.JPG
   テラスから落口へのルートを拓く
   セカンドでも極まりかけた(リードは怖くてようしきらん)


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_105049_32.JPG
   岩はしっかり、快適に落口へ


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_114705_47.JPG
   10m滝では軽いシャワーを浴びるほどの水量


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_114926_50.JPG
   深い碧色に壁にしがみつきながらヘツリ気味に進む


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_115439_52.JPG
   滝ばかりではなく、ナメもきれい


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_120609_57.JPG
   四連瀑のスタート
   真ん中を取りつくも結構なシャワーに手足が定まらない
   気持ちいいシャワーなら落ち着いていられる


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_124706_61.JPG
   残置までは一気に行けず、どうしても少し手前でカムを使うことに
   岩はしっかりしているものの、さすがに高度感があり慎重になる


東ノ川西ノ谷(不動滝)_190825_125442_67.JPG
   林道が間近、ここで遡行終了


 林道に上がるとそこには車。下山のアプローチなし。

 大滝は怖い! 先が見えないし、ビミョ〜なバランス感覚や度胸がないとリードはできないと痛感。
 やはりKBはどこかがちょっとおかしいのだと思う。 たぶん。
posted by 飄逸沢遊会 at 03:03| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。