2019年11月05日

2019年10月27日 大杉谷 西ノ谷の上部(台高)

[遡行日] 令和元年10月27日
[参加者] KB浦、Y(会員外)、野村(L/記)
[行 程] 7:30 大台駐車場 出 − 7:50 川上辻 − 9:25 大台辻 −
     10:00 西谷橋上流の二俣(入渓) − 11:00 土倉滝 −
     14:40 稜線登山道(日出ヶ岳) − 15:20 駐車地
[天 気] 曇りのち晴れ
[備 考] 水量はやや多い。ヒル被害なし。

 今週も週末前に三重県南部で非難が必要になるほどの大雨。
上流域なら問題ないとの判断でここ西ノ谷に決定。
 前泊地の大台駐車場には、星空をめでる人たちで結構な車。少し風があったことで結構寒いが、夜半前までは満天の星空だった。
小宴の酒の肴は温かいものがいい。温かいだけでごちそうだ。
 今回の会員外さん、昨日まで下の廊下を下ってたとのこと。なかなか女子さん、お手製わらじでの参上。

西ノ谷(上部)_191027_112902_21.JPG
 ゆったりと秋を感じる気持ちよい沢でしたね。

   今回は、のんびり山行と決め込んで、紅葉の大台を彷徨うことにした。
 きのこの鑑賞会だ(主な私の目的はツキヨタケ)。

7:30 駐車場出発 ドライブウェイの舗装道を行く。
7:50 川上辻
 さてここから登山道(本来は通行止め)。
 相当荒れているのかと思いきや、しっかりした道が続く。
 途中、きのこを探すもほとんど気配がなく少々がっかりではあったが、こんなきのこに出会った。

西ノ谷(上部)_191027_084824_03.JPG
 ヤマブシタケ (もしくはサンゴハリタケモドキ)


9:25 大台辻

   西ノ谷(上部)_191027_092536_04.JPG
 大台らしい秋の風情


 山道を少し下ると西ノ谷の二俣に出た。周辺は明るく静かな疎林地である。
幕営メインでハンモックに包まれて揺られるのもいいかな。

西ノ谷(上部)_191027_095715_06.JPG
 時の流れもゆったりと、幕営にはもってこいの素敵な空間


 西谷橋まで下らずに、ここから遡行を始めることにした。

10:00 入渓  のんびり行こう

西ノ谷(上部)_191027_101422_09.JPG
 曇っていても水は青く美しい


西ノ谷(上部)_191027_105257_10.JPG
 きれいな容姿のきのこがポツン


11:00 土倉滝

西ノ谷(上部)_191027_105857_13.JPG
 この谷ではきれいで貴重な滝

西ノ谷(上部)_191027_110550_15.JPG
 右壁をたどるが、見た目以上に登りやすかった


西ノ谷(上部)_191027_111753_16.JPG
 やっぱり出てきた危ない奴  結局へつり抜けてった


西ノ谷(上部)_191027_114154_24.JPG
 ナメコ! かと思いきや立派なクリタケだった(少し黄色いけど)
 ベティちゃんの髪型ような傘を縁取る鱗片がかわいい


西ノ谷(上部)_191027_134826_30.JPG
 ちょっとした小滝も楽しいものだ


西ノ谷(上部)_191027_135947_33.JPG
 明るい源流域  まだまだ水量は多いが稜線は近い


14:35 稜線に出る
14:40 日出ヶ岳 

西ノ谷(上部)_191027_150524_38.JPG
 まだ15時だというのに秋の山には夕べの気配


15:20 駐車場 着
 
posted by 飄逸沢遊会 at 22:21| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。