2019年11月29日

2019年11月24日 ヘク谷(比良)

[遡行日] 令和元年11月24日
[参加者] 野村(単独)
[行 程] 8:00 入渓 − 9:10 2段12m滝 − 9:40 18m大滝 −
     10:20 二俣 − 12:10 小女郎ヶ池 − 13:40 坂下集落
[天 気] 晴れのち曇り
[備 考] 水量は少な目

 この時期にしては気温が高く、天気も良さそうだったため急きょ散策気分で出かけることに。
 始めこそ水は冷たく感じたものの、素手でもすぐに慣れるほどの水温。
 どんな沢も入ってしまうと楽しいものである。


ヘク谷_191124_094716_26.JPG
 落葉の渓を飄逸

   
 空が白み始めた頃に尼崎を出発。
 湖西道路を下りてヘク谷をめざす。

ヘク谷_191124_070405_03.JPG
  朝日に際立つ紅葉

ヘク谷_191124_080257_04.JPG
  天気は上々、遡行日和


8:00 入渓
 出合からしばらくはとりわけヌメヌメで滑りやすい。


ヘク谷_191124_082853_06.JPG
  2段8m滝、シャワーを避けて穴倉を抜け上がる

ヘク谷_191124_083212_09.JPG
  夏なら突っ込むところだが...

ヘク谷_191124_090745_17.JPG
  2条12m滝、少し飛沫を浴びる程度で済んだ

ヘク谷_191124_091854_18.JPG
  2段15m滝、落葉を払いながら

ヘク谷_191124_094352_24.JPG
  秋色の18m大滝

ヘク谷_191124_095547_28.JPG
  明るい落葉の渓

ヘク谷_191124_112952_46.JPG
  この時期に欠かせないキノコの愉しみ


12:10 小女郎ヶ池

ヘク谷_191124_121402_53.JPG
  小女郎ヶ池では数パーティが昼食中


 キノコのお礼に貰ったお菓子をつまみながら、さっさと下山を開始。
踏み跡がはっきりしないところにはテープがしっかり付いている。

13:40 1時間10分ほどで坂下集落に到着。
13:50 出合の駐車場に着く。
 汚れた靴を川で洗い、早々に帰阪。

 やっぱり沢はいい。 
posted by 飄逸沢遊会 at 01:10| Comment(0) | '19年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。