2007年10月08日

10月6日N〜7日 台高・中奥川・戸倉谷

谷を間違え、下山路に迷いながらの山行。


[参加者]
鎌田、大熊、山口(レポ)

[地形図]
2万5000分の1「大和柏木」

[天気]
曇り

[入渓]
中奥川沿いの林道は、「瀬戸」の標識があるところで通行止めになっている。この手前で犬を3匹つないでいるスペースに、飼い主の猟師さんにお願いして駐車させてもらった。(かわいい犬たちは猟師さんが避難させていた。)林道を30分ほど歩いて対岸に谷が切れ込んでいるところで中奥川に降りた。

[遡行状況]
中奥川を渡って出合から谷に入ったが、遡行開始からわずかな距離で水がなくなった。どうやら違う谷に入ったらしいということで、地形図や遡行記録をもう一度調べ、目指す戸倉谷はひとつ上流側にあることが判明した。一旦中奥川本流まで降りて川沿いに上流に向かい、ようやく戸倉谷の出会いに至る。kmd氏は最初に入った谷を「第一戸倉谷」と命名した。「第二戸倉谷」は、ナメ滝とゴルジュと滝が連続する楽しい沢である。20Mくらいの滝では滝の右側のリッジを登ったが、すこしいやらしいところなのでロープを使った。その後の二段になっている滝は、左岸を巻こうとしたがあまりに高く巻き上げられそうなのでもう一度滝に戻り、滝の左岸側から滝中のテラスを滝身に打たれながら右岸側に移り、そのまま右岸を巻いた。昼食後少し歩くと吊橋が見えたので遡行終了となったが、その少し手前ではなにやら水が赤く染まっていた。あたり一面の岩や木にも赤いものが付着しており、あたかも赤ペンキの缶をぶちまけたようである。どうやらその真上にある吊橋を赤ペンキで塗ったばかりだったようだ。

[下山]
吊橋から登山道を下流方向に辿り、山崩れしているところをトラバースしてしばらくいくと崩れかけた梯子があった。どう見ても使われていない雰囲気だったので引き返して吊橋を渡り、tkd氏や上田健氏が目撃したモノレールを探して尾根を1時間くらい歩いたが、結局モノレールは見つからず、再度吊橋をわたって梯子の先に行くことにした。(後で聞いたところでは、モノレールはこの梯子の少し手前を上がった所にあったそうである)梯子を慎重に降りてしばらく行くと、予想どおり道は不明瞭になり、急な斜面を巻き道を行くように降りていくとようやく沢に降りることができた。そこは中奥川との出合からほんの5分ほど入ったところで、思ったよりも早く降りることができた。(むしろ吊橋付近でうろうろしていた時間のほうが長かった)

[ヒル]
山口:1匹、大熊:1匹

[コースタイム]
9:10入渓〜9:30「第1戸倉谷」水涸れる〜10:00戸倉谷出合〜13:30吊橋〜15:00再度吊橋〜16:10出合

[写真]
「第一戸倉谷」でカメラを落として起動不能になったので、なし!
posted by 飄逸沢遊会 at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中奥川の林道を奥まで行くことはできなくなっているのですか。
納山会をやっていた場所とか、赤倉谷の出合いとかにはいけないのですね。
Posted by 田中 at 2007年10月16日 13:56
通行止めは上を走る林道(猟師さんは「2号線」と呼んでいた)が土砂崩れしているためのようです。もしかすると一時的なものかもしれません。
Posted by Y口 at 2007年10月16日 21:54
鳥渡谷の林道に入るのはできますか。
Posted by 田中 at 2007年10月16日 22:46
すみません、鳥渡谷の林道は確かめていません。

Posted by Y口 at 2007年10月18日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック