2007年10月20日

10/18 台高 三の公川、隠し平を取り巻く尾根 田中、他2

 コクワ谷に行くつもりでした。いい天気でした。
橋の上から薄暗い谷を覗き込むと下から冷気が上がってきます。
右岸の笹の中にある踏み跡をたどって谷に降りかけたのですが寒いということで引き返しました。
 隠し平を取り巻く尾根をぐるっとたどってみよう、時間があれば南股谷に降りてみようということになりました。

地形図 大和柏木

 隠し平のお墓のある尾根から南西に向かって尾根を登り、P1074を通って北へ、T字状の分岐で東に向いて馬の鞍への尾根に乗りました。P1073手前のコルから一般ルートを降りて隠し平に戻りました。
 最初の上りはブナの多い穏やかな尾根でしたが後は地図のイメージよりもきつい痩せ尾根でした。P1074から北への尾根の西側はムラダチ谷です。T字分岐からの尾根の北側は南股谷です。南股谷は下れる谷だということでしたのでなんとなく穏やかな谷だというイメージを持っていました。上から覗き込むと思っていたよりも深い谷でした。自然林の谷のようですので樹を見に入ってもいいかなと思っています。一般ルートの下山路周辺が一番ブナがきれいでした。上からのぞいた三の公の谷もきれいでした。
 歩きになるとペースが速くなるせいかひざが痛くなるのが早いです。一人だと8時間歩いても痛くならないのに一緒だと2〜3時間で膝に違和感が出始めます。下りで遅れはじめて車に着くのが30分遅くなりました。

行動時間 6時間

posted by 飄逸沢遊会 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '07年 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック